心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No194 日本青年館ホールの木の灯り(其の20)~「橅の灯り」完成

f:id:you3113:20170628232159j:plain

「橅(ぶな)の灯り」は

「とお(10)の木の灯り」制作途中に受けた

日本青年館ホールからの追加注文でした。

「ブナ」を制作できることに妻も私も喜びました。

 

f:id:you3113:20170601235650j:plain

『ぶなの森は緑のダム』。

わかりやすい文章構成で

ブナの森がいかに私たちに大切であるのか考えさせる

小学校の教科書にのっている説明文です。

子ども達と熱心に取り組んだことを記憶しています。

(退屈だと思っていた子もいたでしょうね。ごめんね)

もう30年も前になります。

 

妻も同様にこの文章を気に入っていました。

どこか遠くに行くと、

ブナのあるところに私たちの足は向きました。

 

白神山地のブナ林を歩いたのは6年前。

白神山地は行こう、行こうと言いながら

なかなか実現しなかったのですが、

私の定年退職後やっと行くことができました。

ブナの木立から時折のぞく真夏の青空,

少し汗ばみながら私たちは歩きました。

行き着いた先の小さな沼の青さ、

ブナ林の中で立って見たりしゃがんで見たり、

その青さが忘れられません。f:id:you3113:20170628232858j:plain

秋田の森吉山は広大なブナ林と季節の草花が多く、

妻のお気に入りの場所です。「花の百名山」のひとつです。

私は山頂まで20分要するゴンドラから望む景色に

大満足です。高所恐怖症であることを忘れます。

2度訪ねましたが、妻はまた行きたいとしきりに言います。

私もこのゴンドラはどうと言うことはないので、

「機会見つけていこうね」と余裕で応えます。

f:id:you3113:20170601234432j:plain

昨年の5月は妻と鳥海山麓のブナの原生林を巡りました。

地元の森林組合長さんご夫妻のご案内で

ブナとふれあう楽しい散策でした。

奇怪な形状のブナを見ながらたどり着いたのは

山道奥の樹齢300年のブナ「あがりこ大王」。

大王のまわりのたくさんのブナの実生(みしょう)に、

私はその一見の弱々しさに生命の神秘さ、

そして逞しさも感じました。

f:id:you3113:20170601235137j:plain

 ところで、ブナ巡りで妻は何を見たのでしょうか。

 

f:id:you3113:20170628233119j:plain

 

この作品に

妻の見たもの、

見たいものがあるのだと思いました。

(2017.6.28 記) 

No.193 日本青年館ホールの木の灯り(其の19)~「楢の灯り」完成

f:id:you3113:20170611151513j:plain 

今回の写真は新進気鋭の若手カメラマンによるものです。

カメラマンへの撮影依頼は、

11月発行を目指して製作に取りかかっている

「木の灯り」作品集の編集・製作者からのアドバイスでした。

確かにプロは違うものだと感心しました。

f:id:you3113:20170611151540j:plain

各種機材を抱え、重装備で来られるかと思っていたら、

普通だったので少し驚きました。

10作品を撮っている間のやりとりから、

逆にその才能と感覚の良さに驚きました。

 

お昼はラーメンを食べてもらおうと一応ひと揃い準備。

冷やし中華?」「醤油ラーメン?」「つけ麺?」

そうしたら、「醤油、細麺」。

これは若いのに、なかなか!

作るのも楽しくなりました。

f:id:you3113:20170611151953j:plain

撮影の横尾さん

ありがとうございました。

以上3枚の写真は横尾  涼氏の撮影によるものです。

 

 

f:id:you3113:20170505015929j:plain

 

ところで、前回のブログNo192を書いた頃、

私は親友の急逝に落胆していました。

そんな時、たまたま手にした若松英輔氏の本で、

柳宗悦の言葉に出会いました。

 

“悲みのみが悲みを慰めてくれる。
 淋しさのみが淋しさを癒やしてくれる”(送り仮名は原文のまま)

最愛の妹を亡くした柳宗悦だったが、
悲しみの深さゆえ亡き妹に会えるという。


若松氏の文章は続きます。

“悲しみの扉を開けることでしか差し込んでこない光が

人生にはある。その光によってしか見えてこないものがある。”


これらの言葉にふれているうち、

悲しみや嘆きにジタバタせずに、

そのあるがままもいいと思えるようになりました。

人生、そのほうが深いとは言いませんが、

今まで見えなかったものが見えたり、

人生がもう少し楽しくなるのかもしれないと思えます。

 

先人の言葉をかみしめています。

 

(2017.6.19 記) 

No.192 日本青年館ホールの木の灯り(其の18)~落とし文(おとしぶみ)

f:id:you3113:20170531104742j:plain

 

山道に転がる虫の丸めた葉。

落とし文(おとしぶみ)と言う。

f:id:you3113:20170601010714j:plain

 

あなたへの 想いここにも 落とし文    小池 森

 

忘れようとしても忘れられない

どれほどの想いなのでしょうか。

道ばたの“落とし文”にまた想いが湧き上がるのでしょうか。

 

この句は、大学時代からのかけがえのない親友の急逝を

ある朝突然に知らされ、

行き場のない私の想いと重なりました。

 

そう妻に伝えたら、妻から

栗の灯りに“落とし文”を描いていると

教えられました。

f:id:you3113:20170531095732j:plain

 

やや 左のだらんと垂れている葉。

オトシブミという虫が丸めます

 

“木の灯り”の“落とし文”

私は彼の笑顔と会えそうな気がしました。

 

*オトシブミの画像は東北大学生命科学研究科のサイトより拝借しました。

(2017.6.1 記)

 

追伸

突然逝ってしまった彼。

彼に娘が生まれたとき、

私はその娘の名前を聞き、意外さに、

えっ? と聞き返しました。

八木重吉(詩人)の娘も同じ名前だったね”

少し照れながら教えてくれました。

その重吉の書いた詩「雨」は

多田武彦氏の組曲「雨」の最終曲として、

男声合唱団では知らない人はいないほど有名です。

私も大学時代から何度も歌ってきました。

 

この詩は、

彼の生き方だったんだなあ。

あらためて「雨」を聴きたくなりました。

歌いたくもなりました。

 

   

     八木重吉

雨のおとが きこえる

雨がふっているのだ。

 

あのおとのように そっと世のために

はたらいていよう。

 

雨があがるように しずかに死んでゆこう。

 

※多くの人に、聴いて欲しい曲です。

   演奏は学生時代に交流のあった合唱団です。

 https://www.youtube.com/watch?v=1P1EIXd6_20

No.191 日本青年館ホールの灯り(其の17)~「朴の灯り」完成

f:id:you3113:20170425012030j:plain

 深緑を背にした朴の木の花。

 側面を春と秋のイメージの朴の葉が被う。

 

 この「朴の灯り」,

これで充分なのだが、

意外なことに、私が夜に灯りをともして

何度も見て楽しんだのは

この面の反対側にある芽吹く葉だった。

見終わっても、

何となくまた見たくなるから不思議だ...

f:id:you3113:20170425012201j:plain

妻が昨年近くの山に通って冬芽から見続けて、

その成長にふれてきて表したのが

この伸びようとする若い葉。

f:id:you3113:20170514151802j:plain

もともと妻の作品に裏表はない。

だがこの面は青年館ホールの取付は壁側なので、

通る人の眼に触れることはまずないだろう。

(楽屋の出演者がドアを開けた時には、見える!?)

 

f:id:you3113:20170502203748j:plain

壁側になると、壁に影を映しています。   

 

『出演者はおまえに気づくよ。

  ...だといいな...』

そう言って送り出すんだろうな。

いやあ、こりゃあ、

嫁ぐ娘への気分だね。

(2017.5.16 記)

No.190 日本青年館ホールの木の灯り(其の16)~「橡(とち)の灯り」完成

f:id:you3113:20170502210106j:plain

まったく、豆太ほど  おくびょうな やつは ない。

もう五つにもなったんだから、よなかに ひとりで

セッチンぐらいに いけたっていい。

ところが 豆太は、セッチンは おもてにあるし、

おもてには 大きな モチモチの木が つったっていて、

空いっぱいの かみの毛を バサバサと ふるって、

りょう手を「ワァッ!」と あげるからって、

よなかには、じさまに ついてってもらわないと、

ひとりじゃ しょうべんも できないのだ。

・・・・・・

(斉藤隆介作「モチモチの木」より)

こんな弱虫豆太ですが、

夜中倒れたじさまのために

ひとりで泣きながらふもとのお医者様を呼びに行きます。

そして、その帰り“勇気ある子どもだけが見られる”という

火の灯ったモチモチの木を見ます。

 

子どもが共感できるお話なのでしょうね。

子どもたちに人気の絵本です。

 

滝平二郎による切り絵がまたいいのです。

どのページも2,3色での絵ですが、

豆太が見た火のついたモチモチの木だけはこうです。

f:id:you3113:20170503215458j:plain

  ※同書挿絵P26を撮影

まだ妻が若い頃の教員時代、切り絵の魅力にはまり、

勤務校で切り絵クラブを作り、子どもたちと切り絵を

楽しんでいました。

滝平二郎の切り絵の本も何冊か求め、

子どもたちの作品の参考にと熱心に見ていました。

f:id:you3113:20170502210520j:plain

 

豆太の見た火の灯った「モチモチの木」、

それが「橡(とち)の木」です。

私が妻の作った「橡の灯り」の作品を見て、

私には予想外の華やかさでした。

深層には「モチモチの木」があったと思えます。

 

f:id:you3113:20170502204606j:plain

ところで、過日、「木の灯り」の写真集制作ご協力のお願いのため、

「木の灯り」ご依頼の社長と専務お二人にお会いしました。

その時、私はご快諾を得た安堵以上に、お二人の

『働く人が働きやすいホール』の言葉に心動かされました。

裏方と言われる方々へのにじむ気持ちを感じたのです。  

f:id:you3113:20170504121536j:plain

 

 「橡(とち)の灯り」が日本青年館ホール楽屋前に灯るとき、

舞台に出る人出ない人それぞれすべての人を

きっと、やさしく励ます灯りになるのでしょう。

(2017.5.5 記)

 

No.189 日本青年館ホールの「木の灯り」(其の15)~「桜の灯り」完成

f:id:you3113:20170425102307j:plain

 

桜前線北上。

北国からの桜の便りに、

妻と見た桜がなつかしく思い出されます。

 

f:id:you3113:20170421073555j:plain

 

9年前の4月19日、

仕事の合間をぬって私の田舎に帰省する途中、

角館で桜を見ることができました。

f:id:you3113:20080419120805j:plain

                   ※妻が撮った9年前の写真

例年より10日以上早い桜開花でした。

前々から角館の桜を見たいと言っていた妻は

感激もひとしお。

地元は桜祭りの準備に大わらわでしたが、

武家屋敷前の桜、土手の桜、夜桜などを

ゆっくり、充分過ぎるくらいに見てまわりした。

f:id:you3113:20080419135344j:plain

妻は、桜をモチーフにして

大きな作品を作ろうとしていた頃でした。

このときの桜が、

作品のイメージを大きくふくらませたと

妻は言います。

f:id:you3113:20080717193353j:plain

※「花影」(2008年)

     作品詳細のブログ http://bit.ly/1J6Lkax  

 

f:id:you3113:20170414081756j:plain

また今回の「木の灯り」シリーズの作品は、

桜の木の皮で作る秋田の樺細工(桜皮細工)の

イメージが表現されています。

秋田では昔からどこのご家庭でも、

茶筒やお盆は樺細工のものが使用されていました。

いかにも職人が作る感じに心惹かれ、

30年程前に二人で角館の樺細工工房にお邪魔して

職人の方に作る様子を恐る恐る見せて頂いたことも

ありました。

 

f:id:you3113:20170421074001j:plain

私には、妻と訪れた角館の詰まった作品です。

(2017.4.29 記)

No.188 日本青年館ホールの木の灯り(其の14)~「栗の灯り」完成

f:id:you3113:20170407082749j:plain

しんとした雪夜に来客が帰る。

残されたいろりの熾火(おきび)に

勢いよく息を吹きかける。

灰色がかった炭がぽーと勢いを増して燃える。

赤くなって燃える。

子ども心に

この熾火の不思議さを

炭のほてりを感じながら

見る。

f:id:you3113:20170407212343j:plain

 

数十年経て

私は「栗の灯り」に熾火のほてりを見る。

 

f:id:you3113:20170407212917j:plain

 

熾火(おきび)。

堂門冬二は小説「上杉鷹山(うえすぎようざん)」で

藩政改革の志の象徴として熾火を据え、

主君、家臣、農民の織りなす物語を展開させる。

家臣が命がけで炭火の火を絶やさないよう守る行為は

今の人々にはなかなか理解しにくいだろうが、

北国の小さな村で熾火のほてりを感じて育った私には、

心憎いほどよく出来た設定に思える。

ケネディ大統領に最も尊敬する日本人と言われた上杉鷹山

論理だけで大改革など出来ないが、

鷹山だからなし得た大改革と納得する歴史小説

なっているのは熾火ゆえだと私には思える。

熾火は人々の希望だった。

 

f:id:you3113:20170407082951j:plain

 

灯すと、息を吹きかけたように、

静かに赤く燃える「栗の灯り」。

日本青年館ホール出演者の方々に、

さらなる希望と活躍へのエネルギーを与えるだろう。

出演のアーティストを応援したい妻の思いのこもった作品、

もう間もなく、楽屋「栗」の前に灯る。

(2017.04.18 記)