心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻・一ノ関悠子の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

作品展

No.71 第3回個展会場準備

「よく準備が間に合ったね」 そう言いながら、会場への搬入と会場設営を終えて帰りました。 今日は勤めの休みだった娘が手伝ってくれました。 「若いのはよく動くし、、、」と感心し、また感謝。 第3回個展開催直前で最後のひと踏ん張りでした。 妻は作りた…

No.67 第3回個展ご案内状

師走のお忙しい頃になりますが、第3回個展にお越しくださいますようご案内申し上げます。 個展の会期が一か月半後に迫った先月末、彫刻展・個展の作品製作の傍ら妻の頭の中は案内状のことで一杯でした。今回はプロのデザイナーさんに頼まなかったため、苦労…

No.62 第3回個展に向けて~初めての個展のとき~

この12月、妻が第3回 一ノ関悠子 ステンドグラス作品展を開きます。 大勢の方々の支えのお蔭と感謝しています。 (2013.12.5~10 Art Space88 KUNITACHI にて) 4年前の5月、妻は初めて個展を開きました。 個展準備のとき、 妻は何度も「一生で一度、最初…

No.51 野の花洋燈「節分草・東一華」

秩父の里山が好きでよく花巡りをします。 寒さの残る雑木林に雪のように群生する可憐な節分草(セツブンソウ)。 初めて見てその可愛さの虜になりました。 同じ場所にこれもまた可愛い東一華(アズマイチゲ)という花が咲きます。 大好きなこの早春の二つの…

No.48 *あとりえ 悠*フェア~吉祥寺Paleんtte

この1月、たまたま受話器を取った電話。 吉祥寺のブティックの店主さんからでした。 友達から妻のステンドグラスをプレゼントされてお店に置いているが、欲しいという方もいるので展示販売をさせていただけたら、とのお話。 詳しくはお訪ねして、ということ…

No.44 白樺小品展が始まりました

お店中央の棚に灯り11点を飾りました。 棚の上段は店長さんが作ってくださいました。 桜をモチーフにした灯りが多く、妻は「同系色ばかりで、どうかな?」 私は「この季節に合ってるよ」 変えずにそのままです。 入口横に小物を並べました。 天使、チャーム…

No.43 白樺小品展 「春に咲く」に向けて

春らしい4つのキャンドルホルダーです。 「桜とうさぎ」「アズマイチゲとセツブンソウ」「イチゴ」「蝶」 コーヒーショップ白樺での妻の小品展は3月12日から。 つくりたいと言っていた何種類かの作品ができあがりました。 ホッとしていました。仕上がるまで…

No.42 新作「花の小皿」

妻は「白樺」の小品展に向けて何種類かの小品を作りました。 そのうちの一つが「小物入れ」 「小物だって、いいガラスで作りたい」 そう言って妻は、世界で最高のガラスを使ってつくったのが上の作品です。 左側はドイツのランバーツ社、右側はアメリカのフ…

No.40 2010年 白樺作品展の思い出

人々がステンドグラスを もっと身近のものとして楽しむようになってくれれば・・・ ガラスのぬくもりをからだで感じていただければ・・・ 毎日の生活の中で手作りの良さを感じていただけたら・・・ そんな願いから、 妻はこの年の白樺作品展用に30人の「天使」をつ…

NO.39 ステンドグラス小品展「春に咲く」 ~案内状~

福寿草が静かに春の訪れを告げる頃になりました。 *あとりえ 悠* は、3月12日よりコーヒーショップ白樺でステンドグラス小品展を開きます。 (妻が秩父にて撮影 2006年) コーヒーショップ白樺の店内には いつも美術愛好家の作品が展示されていて、 お客さ…

No.19 ~硝子彫刻展に向けて~

この8月、妻は硝子彫刻展への出展作品製作に夢中でした。 と思っていたら、突然「この夏、どこにも行ってない!」と言いました。 良かった。 出展のめどが立ったようです。 写真は3点出品予定の3作目製作途中のものです。 妻の作品はサンドブラストとステ…