心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.127 残暑お見舞い申し上げます ~カテゴリー作成

残暑お見舞い申し上げます。 「碧生~あお」(2011年) 暑さの厳しくなり始めた頃、 部屋で作業しながら、 あ~、まだ、このくらいなら耐えられる! 私はこんなに我慢強くなったか! 自分を少し誇らしく思った。 後日テレビで、 お年寄りの方は特にお気をつけ…

No 97 海の作品『碧生~あお』から『サギソウ』へ

(2011年) 買い物に行けず、電気も点けず、 自宅で一人ひっそりとしていたという妻。 ステンドグラスをつくって何になるの? あの年の3月、あの東日本大震災。 妻は震災の時の様子や思いを 私が退職してからようやく話しました。 いたるところが震災の衝撃に…

No.58 海の作品「夏色の海」・「碧生~あお」訂正版

震災のとき ちょうど海のパネルを つくっていました。 「夏色の海」 被災地のことや被災された方のことを思うと ステンドグラスをつくることに疑問を感じたり、 安穏と生活している自分に罪悪感を覚えたりして 製作を断念しそうになりました。 でも、人と自…

No.15 海の四作品より「碧生~あお」

震災の時、ちょうど海のパネル作品を製作していました。祈りや感謝や様々な思いが交錯し、海の作品を続けてつくっていこうと思いました。 この『碧生~あお』で描きたかった海は二つあります。一つはかつて訪れた時に見た美しい三陸の海。甦ってほしい景色で…

No.14 海の四作品より「夏色の海」と「海のパネル」

ー海の四作品に寄せて- 3月11日の後、来る日も来る日もTVでは津波の凄まじさと甚大な被害、見たことのない悲惨な状況が報道されていました。 その時、ちょうど個人邸の大きな海のステンドグラスを製作していましたが、被災地のことや被災された方々のこと…