心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻・一ノ関悠子の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

灯明

No.173 おじちゃんに捧ぐ~胡蝶蘭の灯明

妻を可愛がってくれたおじちゃんの四十九日が近づく。 作りたい、ただ作りたいと、 妻はこのお灯明を作りました。 妻から聞いたおじちゃんとの話です。 おじちゃんは自社ブランドのバッグをデパートにも卸していました。 妻が中学生になった時のこと、 おじ…

No 95 ジャズを愛された貴方へ ~日本水仙の灯明~

ブログを読んでくださる方から 作品ご依頼の連絡を受けました。 「母も一緒に訪ねたいのですが」 そう、あなたのお連れ合いの方も ご一緒に来られましたよ。 お二人が訪ねて来られたその日、 私は、貴方が若いころから亡くなるまで、 こよなくジャズを愛され…

No.79  義母の三回忌~クレマチスの灯明

二年前に義母は亡くなくなりました。 妻は昨年、母の戒名を刻んだクレマチスの行灯をつくりました。 母への万感の思いも 月日が供養の祈りに静かに導いてくれたのしょうか。 義母の横には義父の戒名も並んでいます。 灯りを点け、手を合わせると、 義父母二…

No.70 小さな行灯~クレマチス

ー祈りー 私がグリークラブで男声合唱をしていた学生時代、 グリークラブ自主製作の定演レコードジャケット表紙は、 真っ白でした。 そこに妻が絵を描いてくれました。 両手を合わせた少女の姿と花々の絵。 私が絵に見たものは「祈り」でした。 妻は十代。 …