読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.5 行灯 「 藤 」

f:id:you3113:20120516235215j:plain

 

ティファニーランプの製作後、ステンドで和のテイストが表現できないかと憧れ、
自分でデザインした二つ目の灯りです。
描きたかったのは母の好きな藤の花と日本の古典模様で籠目です。
正面は藤の花一つ一つをフュージングして(お窯で焼いて)

立体的なピースを作りました。
サイドはレッドonブルーの被せガラスに藤の模様を酸で抜きました。
籠目の模様は「ヤカゲニー」という和紙のようなガラスです。
六角形と三角形のピースをたくさん(400ピースくらい)作りました。
藤の部分は約300ピースです。
 

f:id:you3113:20080103004144j:plain

長く木目込み人形をしていた母に勧められて、初めてコンテストに出品しました。

ステンドグラスを始めて5年目、思いもしない銅賞をいただきました。

母が自分のことのように喜んでくれました。

思い出の多い作品です。

 

f:id:you3113:20080103004112j:plain

          写真(2000年~2001年)& 文(2008年)

                    ステンドグラス *あとりえ 悠*

 

作品展会場でのことを妻は楽しそうに話してくれました。

妻を小さい時から夫婦で可愛がり、あちらこちらに連れ歩いてくれた叔父が、

『「これ、俺の姪っ子がつくったんだ。姪っ子が。あっ。ごめん。ごめん。」と

人払いをして何度も写真を撮ったのよ』と。

嬉しそうな叔父の様子が目に浮かびます。

妻もそんな叔父が今でも大好きです。

 

「ステンドグラスって、こういうのも作れるんだ。」

それまで見てきたステンドとの違いに驚き、

「ステンドっていいね。」と思えるようになった、

私にとっても思い出の作品です。

この作品が生み出されて、いろんなことが今日に繋がったと思っています。

                     2012.05.17

お詫び:コメントの開き忘れや送信ミスなどでご迷惑をおかけした方々に

    お詫び申し上げます。すみませんでした。