心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.79  義母の三回忌~クレマチスの行灯

 

f:id:you3113:20140122153701j:plain

 

二年前に義母は亡くなくなりました。

妻は昨年、母の戒名を刻んだクレマチスの行灯をつくりました。

母への万感の思いも

月日が供養の祈りに静かに導いてくれたのしょうか。

 

義母の横には義父の戒名も並んでいます。

 

灯りを点け、手を合わせると、

義父母二人が見守ってくれているような気がします。

f:id:you3113:20140122193631j:plain

 

日曜日は義母の三回忌でした。

法要で兄弟、子どもや孫たちが久しぶりに会い、なつかしく故人を偲びました。

かたわらのひ孫は無邪気です。

いつもと変わらない幼いしぐさ。

まるで、故人に繋がる人間がこれからも生きていくよ、

そう訴えているようです。

 

寒い日に、

心ほんのりしました。

 

 

f:id:you3113:20140124200207j:plain

~義母のつくった木目込み人形「雅(みやび)」~

 

妻は叔父や叔母に「手先が器用なのはお母さん似よ」とよく言われます。

義母は三十年近く大手手芸教室の木目込み人形講座の先生をしていました。

その頃の義母のいろいろなことを思い出していたら、

「あっ」と気が付きました。

木目込み人形が完成すると必ず書の雅号をもつ義父が木札に人形名を書き入れました。

人形を創作するときにボデイを削るのは義父でした。

元気な時は材料の買い出しも一緒でした。

 

「あ~、おじいちゃん、おばあちゃんも同じだったんだ」

「二人でより良い木目込み人形を目指して歩んでいたんだ」

私は義父のような書の達筆さも手先の器用さもありませんが、

気持ちは同じような気がしました。

これはこれは。

今、気が付きました。

(2014.1.24 記)