読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No 95 ジャズを愛された貴方へ ~日本水仙の灯り~

f:id:you3113:20140806103100j:plain

 

ブログを読んでくださる方と

作品ご依頼の連絡を取り合う中で

「母も一緒に訪ねたいのですが」

そんなご連絡を受けました。

 

 

お二人が訪ねて来られたその日、

私は、貴方が若いころから亡くなるまで、

こよなくジャズを愛されたと奥様から伺いました。

お話を伺い、妙に貴方に親しみを覚えました。

ジャズが好きな者の匂いを貴方に感じました。  

 

不思議なものです。

妻のステンドを通して初めて知った方なのに・・・

貴方とは前にお会いしていたような気がしてなりません。

私も若い時にバンドで少しジャズをやりましてね。

まあ、私のドラムソロは村の盆踊りのリズムが

体中に湧いてきて

スティックを暴れさせているようなもので・・・

とても貴方に聞かせるようなものではありませんでしたが。

 

奥様は先に逝った貴方を思い出しながら

貴方に相応しい灯りをとあれこれ考え、

妻といろいろ相談されていましたよ。

 

愛する者を残して逝く気持ちはどんなでしょうか。

妻のつくった作品が、

残された者に貴方を毎日感じさせられたら

嬉しいことなのですが。

 

灯りがともる時、

奥様は貴方の好きなジャズを流しているのでしょうね。

その時奥様は貴方と一緒の思いに心みつるでしょうか。

流れている曲はハービー・ハンコックなんかでしょうかね。

 

f:id:you3113:20140806212728j:plain

 

心よりご冥福をお祈りしています。

貴方とともにある奥様の健やかな人生をお祈りしています。

 

 

今回の作品は、

クレマチス」を気に入られた方が

花をクレマチスから水仙にかえ、

享年月日と連名をご要望されて

つくられました。

ご案内いただいた娘さんにはその後もお世話になりました。

感謝申し上げます。

 

本作品関連の本拙ブログです。よろしかったどうぞ。

(※1「義母の3回忌~クレマチスの行灯」

              →http://bit.ly/1uxQIJH  )

  (※2「小さな行灯~クレマチス

             → http://bit.ly/1nBx89v )

(2014.8.9 記)