心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.159 「*あとりえ 悠*カフェ」始めました

f:id:you3113:20160601233009j:plain

ステンドのご用で我が家に来られるお客さんに

珈琲をお出しし喜んでもらえるのは嬉しいものです。

ステンドを見ながら珈琲を楽しむのもいいなあ。

 

カフェを始めました。

 

f:id:you3113:20160601095847j:plain

(妻がベランダで楽しむバラ)

 

ー珈琲のあの味をー

10年前同業の先輩の淹れた珈琲の美味しさに感動し、

手ほどきを受けました。

先ず焙煎を教えられたとおりの

道具とやり方と生豆で行いました。

やってもやっても思ったようになりません。

しかも焙煎後のガス台周りは珈琲豆の薄皮が大散乱。

2年半続けましたが、

薄皮掃除の思い出だけ残してやめました。

 

焙煎をあきらめてからは美味しい豆を探しながら、

美味しい淹れ方を模索し続けました。

結局、煎り方、挽き方、淹れ方は人それぞれ。

味もそれぞれ。

私が求め続けたのは10年前に飲んだあの味。

 

f:id:you3113:20160529151823j:plain

 

ようやくその味に近づいたような気がします。

苦みほどほど。雑味なし。

豆の旨みを楽しむ珈琲。

お茶のように口に入れたら

喉ごしで楽しめる珈琲の味です。

  

 

ー『カフェ』か『サロン』かー

「お父さん、お誕生日、おめでとう。」と

息子に『cafeから時代は創られる』(飯田美樹著)を

もらいました。

20世紀初頭のパリの名だたるカフェの店主やお客の

あり様が鋭い洞察力で描かれています。

世の中に大きな影響を与えた

ボーヴォワール藤田嗣治ピカソなどの天才は

カフェによって生まれたとも書かれていて、

『カフェ』という名前に少したじろぎました。

 

同書ではサロンとカフェの違いにもふれていました。

実は私は3年前に人の集まる場をつくろうと

思ったことがありました。

それは、ある日、

大学で万葉集を教えてこられた近所の方が

我が家で珈琲を飲みながら万葉の世界を

熱く語ってくださり、

私はリタイヤした人たちが自分のご専門や趣味を

互いに披露しまた聞くのは楽しいものだと感じたからです。

こういう場づくりに我が家のステンドと珈琲が

役立つかも知れないと思いました。

当時の私に時間の余裕も自信もなく

そのままになりました。

このときの私の抱いたイメージは

同書によるとどちらかと言うとサロン的のようです。

 

f:id:you3113:20151223224152j:plain

 

 

私の時間の余裕は3年前より更になくなっていますが、

始められる範囲と内容で始めようと決めました。

「カフェ」に堅苦しさは無用です。

ステンドと珈琲を楽しむ。

それだけで十分です。

名前は『*あとりえ 悠*カフェ』としました。

“時代を創る”ことはなくても

“人と人との温もりは創れる”かも知れません

 

 ーカフェを始めてみましたー

5月29日、「*あとりえ 悠*カフェ」に

2組5名の方がいらっしゃいました。

3月まで私が嘱託でお世話になった元職場の関係者です。

f:id:you3113:20160529151744j:plain 

(近所の評判のケーキ屋さんのものです。)

 

 ご案内には以下のようなことを記しました。

 

どうぞステンドを見ながら、

珈琲をお楽しみください。

このカフェの場が参加者にとって、

心地よいものになるように、

また長く続きますように次のお願いをします。

〇ケーキと珈琲豆の購入代金を頂きます。

 手土産は持ち込まないようお願いします。

〇カフェでのステンドのお買い求めは

 ご遠慮ください。

 見て楽しんでください。

 写真撮影もかまいません。

〇どうぞ、ステンドと珈琲とおしゃべりを

 お楽しみください。

 

私のよく知っている方々なので、

妻には時折顔を出す程度でいいよと

言っていたのですが、

どうも私がお世話になった方々をお迎えしたからか

最後まで同席して会話し、

さらに工房に案内して制作中の作品を見せながら

説明していました。

妻、お疲れさん!

 

 ーカフェの当面ー

妻と私の都合のつく時間に開こうと思います。

たぶん月に1,2度あるかないかです。

0の月もあるでしょう。

これから1年くらいは

お招きしたい方にお声かけしながら

改善を重ねて行くようにしようと思っています。

 

29日のカフェで強く思ったことは

カフェにおしゃべりは大事!です。

(2016.6.1 記)