読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.161 とお(10)の木の灯り~その6「椿のティファニーランプ」

日本青年館ホール 花・植物 ランプ

f:id:you3113:20160706004631j:plain

妻は12年ぶりにティファニーランプをつくった。

日本青年館ホールの『とお(10)の木の灯り』の

デザインと制作が迫る中で

今一度ティファニーランプを作っておきたかったようで・・・

私には驚きだった。

 

f:id:you3113:20160704225505j:plain

妻の作品を初めて見られた方から寄せられる感想には、

「こんなステンドグラスは初めて見た!」との声が多い。

妻は私たち日本人の求める心象や日本の家屋にあった

作品づくりをしているうちに結果的に

ティファニーランプから大きく離れた。

 

一方で、

ティファニーランプは本当に良くできていてすごい、

世界のステンドグラスの歴史をティファニー氏が変えた、

と妻はよく言う。

f:id:you3113:20160706100220j:plain

妻は、

デザイン、カット、テープの幅、ハンダ、作業時間など

制作過程でいろいろなことが気になったようだ。

それが、『とお(10)の木の灯り』づくりの準備なのだろう。

f:id:you3113:20160709231359j:plain

 椿をモチーフにデザイン、型紙作りをし、

作品制作に夢中になる妻の様子を見ていて、

ティファニーには

聖地に向かう信徒の気分にさせるものが

あるのかも知れないなあと

私は勝手に想像した。

 

※妻が過去に作成したティファニーランプです。

 よろしかったらご覧ください。

 http://bit.ly/29GNfcj

 

(2016.7.10 記)