心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.169 サンドブラスト教室作品展

妻がサンドブラストを始めて8年。

ずうっとお世話になってきた教室が

この度初めての教室展を開きました。

妻も4点出品し、一昨日搬入。

お近くにご用の方がいらっしゃいましたら

お立ち寄り頂ければ幸いです。

f:id:you3113:20160919002347j:plain

 9月21日(水)~25日(日)10時~19時 

府中グリーンプラザ 分館ギャラリー 京王線府中駅南口1分

 

私の思い出:「王者のまなざし」

 妻の学んだ技法はサンドブラストによる硝子彫刻です。

この技法で作られたある作品との出会い、

今も鮮明です。

 

2年前妻が「鷺草乃原」を出品した時の

日本サンドブラスト協会主催第8回硝子彫刻展の会場、

たくさんの硝子彫刻作品の中に、

たてがみをなびかせた精悍で颯爽としたライオン。

百獣の王とは・・・

すごい作品だなと感心しながら

見る位置を変えていって、さらに驚きました。

強靱な王と思われたそのまなざしに

宿るのは哀れみ。

いやあ、すごいなあ。

これはすごいと感激したことが心深く刻まれました。

そして、作品名を見てまたびっくり。

「王者のまなざし」

作者の伝えたかったことを受け取ったように思いました。

 

宗教的精神性の漂う慈しみではなく、

強さの中に宿るのは哀れみなのでしょう。

多くの敵や生き物を倒してきた我が身、

その世界の中でしか生きられないと知りつつ、

また倒されていく者の痛みや無念さも感じつつ、

なおも生き続ける者の、王者のそのまなざし。

そしてそのまなざしは

他者のみならず我が身にも注がれていると思えました。

私にはそう見えました。

 

こんな対話をさせる作品、その作者。

本当にすごいと思いました。

 

この作者は硝子彫刻技法創始者のお嬢様ですが、

ご結婚された今は制作活動を以前より控えられているそうです。

 

この作品を実際に見て頂けたらと思うのですが、

無理なので、どんな作品かだけ、お伝えします。

どうぞDM写真をご覧ください。

f:id:you3113:20160922074906j:plain

 

(2016.9.22 記)