読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.182 幼稚園のパネル「光に向かう子ら」~その3「完成」

パネル 制作過程 施工作品 注文制作 自然・風景 花・植物

f:id:you3113:20170210105955j:plain

無邪気なかわいらしさ。

妻の作品には今までなかった雰囲気です。

園との図案のやりとりで生まれたからでしょうか。

ようやく残りの右片面も2週間前に完成しました。

 

2面併せて、82cmx153cmのサイズ。

これまでこのサイズのご依頼は、

大きいから無理と大手の工房を紹介していました。

f:id:you3113:20170221235138j:plain

このサイズが可能になったのは、結婚して家を出た娘の、

いや、娘の部屋のおかげです。

娘が出たあと放置されていた部屋を、

1年ほど前、妻にステンドを教わりたい人のために

二つ目の工房にしました。

この作品が作れるのは、娘の部屋のおかげね、と

妻と何度も何度もそんな話をしました。

本当は、まあ、私としては娘が結婚して家を出ても

部屋はそのままでいいかなと思うところもあったのですが、、、

 

f:id:you3113:20170216205906j:plain

部屋を作業場に変えた勢いのまま、

娘の部屋のドアは、

外され、穴を開けられ、ブラケットを取り付けられ、

作品の出来具合を確認するための工房一部と化しました。

もう娘の戻る部屋はなくなりました。

(娘が結婚してもう4年よ、と妻が横で言ってます。)

 

この無邪気なかわいい作品を見ると、

未来に向かって歩んでね、と

娘からのエールのようにも思えてくるから

・・・

困ったものです。

 

(2017.2.25 記)