読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.184 日本青年館ホールの木の灯り~その12「欅の灯り」

日本青年館ホール ランプ 制作過程 和風 注文制作 生き物 自然・風景 花・植物

f:id:you3113:20170313004442j:plain

※左面:春  右面:冬 

 

私には身近過ぎるように思える欅だが、

ひと冬前に始まった欅とのふれあいに、

妻は何を感じたのだろうか。

f:id:you3113:20160215084711j:plain

 

欅のすべての始まりは冬。

欅の古木の穴に宿るスズメ。

春を焦がれる実生(みしょう)を宿す欅。

木枯らしにゆれる小枝にも、

期待はふくらむ。

 

春、

見ると、

赤くかわいらしい花。

 

 

 

f:id:you3113:20170313082238j:plain

※左面:秋 右面:夏 

夏、木陰飛び交うルリビタキ

幸せを呼ぶ青い鳥。

日本青年館にも大きな欅。

 

紅葉した葉の奥に

ふんわりと秋の欅並木。

 

 

 

組み立て前の冬から始まる欅の四季。 

※右から冬、春、夏、秋

f:id:you3113:20170312080525j:plain

 

 

 

“身近なものほど気づかない

 見ようとしなければ見えない”

私は小さい時から欅を見て育ったが、

こんな花をつけるとは知らなかった。

f:id:you3113:20170314102248j:plain

花は妻に教わった。

妻は感受性が強く

作品作りには役だつようだが、

疲れないかと気の毒に思うこともある。

私は自然に見えてきたもので十分な質。

妻は私の鈍感力が羨ましいとよくいう。

褒められたのか、

しょうがないねと言われているのか

よく分からない。

踏み込まないようにしているから、

ひと時幸せだ。

(2017.3.15 記)