読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.191 日本青年館ホールの灯り(其の17)~「朴の灯り」完成

f:id:you3113:20170425012030j:plain

 深緑を背にした朴の木の花。

 側面を春と秋のイメージの朴の葉が被う。

 

 この「朴の灯り」,

これで充分なのだが、

意外なことに、私が夜に灯りをともして

何度も見て楽しんだのは

この面の反対側にある芽吹く葉だった。

見終わっても、

何となくまた見たくなるから不思議だ...

f:id:you3113:20170425012201j:plain

妻が昨年近くの山に通って冬芽から見続けて、

その成長にふれてきて表したのが

この伸びようとする若い葉。

f:id:you3113:20170514151802j:plain

もともと妻の作品に裏表はない。

だがこの面は青年館ホールの取付は壁側なので、

通る人の眼に触れることはまずないだろう。

(楽屋の出演者がドアを開けた時には、見える!?)

 

f:id:you3113:20170502203748j:plain

壁側になると、壁に影を映しています。   

 

『出演者はおまえに気づくよ。

  ...だといいな...』

そう言って送り出すんだろうな。

いやあ、こりゃあ、

嫁ぐ娘への気分だね。

(2017.5.16 記)