心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.198 日本青年館の「木の灯り」(其の24)~宝塚歌劇星組公演「阿弖流為」

f:id:you3113:20170720103659j:plain

どんなふうに灯っていたでしょうね。宝塚「阿弖流為」の日本青年館ホールこけら落とし公演。

 

 夢を見たのだろうか。

 真夏の夜の夢なのか。

 

 しばし、ご笑覧頂ければ幸いです。

 

 

この年になって、宝塚公演を観劇できるとは。

人生、何があるか分からないとはこのことだ。

日本青年館ホールからの招待で二人分のチケットを頂いた。

私もわくわくしたが、妻は大騒ぎだった。

 

妻は「木の灯り」をつくりながら、

これが楽屋に取り付けられたら、

出演される宝塚のスターが木の灯りを

観てくれるのだろうか…

想像もしただろう。

 

日本青年館ホールで宝塚公演をいつか観てみたい。

妻は「阿弖流為(あてるい)」は観たいけど、

人気演目でチケットは手に入らないと

諦めていた。

そのチケットが届いたのだからもう大変。

大騒ぎ。

妻は宝塚情報をネットで検索したり

原作の高橋克彦著「火怨」を求めたり、

地理や歴史の資料を集めたり、にわかに忙しくなった。

 

そこに

私が、現役時代お世話になった保護者の登坂さんから、

どうぞ、宝塚を楽しんでくださいと連絡が入った。

登坂さんは元宝塚の方で、

PTA活動にも熱心に参加下さっていただけでなく、

講師として

ヴォイスワークショップの教員研修も行って下さるなど、

私がいろいろとお世話になった方でした。

妻が日本青年館ホールの木の灯りをつくるのを知り、

ご自分の思い出の場所に飾られるのを

とても喜んでくださっていた。

その後、

私の宝塚の同期の方が出演されます、と教えてくれた。

俄然宝塚公演が身近になった。

そして、登坂さんは

宝塚時代、星組の乙原愛さんとして活躍した方とわかり、

我が家は「宝塚」の話題が日常会話となった。

 

f:id:you3113:20170801102234j:plain

 

そんなとある日、

妻と開場より少し早めに日本青年館ホールに着いた。

新装の気持ちよい席に座り、開演を待った。

音楽が鳴り、出演者が舞台で踊り出した。

手足の先まで仔細且つ大胆に踊る。

何より踊る表情がいい。

舞台で輝く目。

開演、数十秒で

日本青年館ホール舞台の世界に私は引き込まれた。

 

阿弖流為」の舞台は東北。

時は桓武天皇の平安遷都の頃。

征夷大将軍坂上田村麻呂との戦いに臨む蝦夷(えみし)の

若き指導者阿弖流為の葛藤と仲間達の物語。

 

私の祖先は

かつて蝦夷と言われた一ノ関市に伊達騒動の頃まで

住んでいたと兄に聞かされた。

総本家の大きな倉の中の刀と槍を見せられ、

子ども心になるほどと納得した。

さらに総本家代々の家系図を元に、

二十余代遡ると、ちょうどほら伊達騒動の頃になると

指を折っての話を聞いた。

以来私はこのことを疑ったことはない。

舞台の阿弖流為とその仲間に

我が祖先が伊達騒動までは同郷だった故、

共感するのはやむをえまい。

結婚する頃に分かったのだが、

妻の父の出身も一ノ関だった。

観客席の妻と私、

心持ちひっそり蝦夷(えみし)だった。

f:id:you3113:20170813082258j:plain

神戸新聞より 

終盤30分ほどは泣けて泣けて困った。

それまで展開していたストーリーが、

私の頭の中ですべてひとつのテーマで繋がった。

ひとへの信頼!ひとを信ずるということ。

そうするとわずかな台詞にさえ、

その背景と深い意味で心がいっぱいになる!

阿弖流為の仲間の小さくうなずく「うん」にさえ、

そうだね、そうだねとなる。

そしてまた泣ける。

隣のおじさんもクシュクシュうるさく泣いていた。

きっと蝦夷の筋に違いないと思った。

終わって、「いやあ、こんなに泣いだごどねがっだでぇ。」

やっぱり蝦夷だった。

  

素晴らしい舞台だった。

脚本、演出、出演者、照明、音響、その他スタッフの方々

ありがとう!

「ひとを信ずることの素晴らしさ」をありがとう!

「感動したぞー!」「ありがとう。よかったぞー。」

フィナーレとともに賛辞と感謝の声をあげたかったが、

観客席のみなさんは行儀よく拍手するだけなので、

私も目立たないよう自重した。

しかしどうしても

感動した私の拍手はバチバチバチッとなる。

すると隣のおじさんもバチバチバチッ。

オー!

私のおじさんへの信頼感も高揚。

信頼こそ、この阿弖流為のテーマなのだ。

 

f:id:you3113:20170801105055j:plain

終演後、妻と私は関係者の方に

今までこんなことはないのですが…と案内され、

あろう事か、

阿弖流為桓武天皇にお会いしたようだ。

あまりに畏れ多いことで、

感激のあまりよく覚えていない。

これは家宝にします。

たしか…そう言って受け取ったサイン入りプログラム。

阿弖流為桓武天皇役お二人のお名前が記されていた。

 

そのサイン入りプログラム、

我が家の数日前からのリフォームの混乱のせいで、

妻が昨日からどこ?どこ?と必死に探している。

 

妻と私の真夏の夜の夢

f:id:you3113:20170723134430j:plain

 

夢から覚めても感謝の気持ちはいっぱいです。

ご招待下さったホールの社長さん、

かつてお世話になり

またまたお世話になった保護者で元宝塚の登坂さん、

そして登坂さんの同期の方のお骨折りお心づかいに

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

身内ながら妻へ

ステンドを作っているお陰で私は夢を見ました。

ありがとう。

あのとき、ステンドをやめないで、

よかったね。

(2017.8.11 記)