心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻・一ノ関悠子の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.234 森の灯り~冬

f:id:you3113:20181203191010j:plain

登場人物:兎 狐 栗鼠 オコジョ 木

言葉のないほうがより楽しんでいただけるかなあ…

 

f:id:you3113:20181021010011j:plain

 

 

f:id:you3113:20181021170945j:plain

 

 

f:id:you3113:20181203191215j:plain

 

 

「美術作品と言葉」

 私は小さい頃から絵を描くのが苦手でした。

青空のつもりが、今にも土砂降りになりそうな空となり、

自分の絵を見て泣きたくなりました。

工作の仕上げには手間取り、

先生の「急がなくて大丈夫よ」の言葉に

私の頭の中はパニックとなりました。

そんな私でも美術作品を見るのは好きです。

妻がステンドを作るようになって、

美術館巡りがいっそう楽しいものになりました。

 

2014年の日展は、マスコミを賑わした事件もあり、

伝統ある日展を大幅に改組して、

「改組 新 第1回NITTN」開催の年でした。

そんな意気込みを展示された作品に感じ、

日展アートガイド2014」を購入しました。

そのガイドにあった外部審査員本江邦夫氏の言葉です。

 

特薦審議でのこと。

20名の審査員それぞれの推薦する2点の作品応援演説で

多くの作品群に今まで紛れていた一つの作品が、

急に溌剌として輝き出すという感動的体験を

述べられていました。

言葉の力とおっしゃっていました。

 

この「美術作品と言葉」に

私自身も素人ながら深く納得しました。

かつて、画家(版画家)の吉田博の作品展で、

山の版画を楽しんでいたときに、

氏自身の言葉に作品をより深く味わうことができました。

また子ども達の描く世界があまりにも豊かで創造的で

わくわくした展覧会を観たことがあります。

子ども達の描く世界を一度言葉で掘り起こす過程を経たと

図工教師は私に教えてくれました。

今まで私は「美術作品と言葉」の密接な関係と

その重要性を何度も感じてきました。

 

とは言っても、

一切の言葉と予断のない美術鑑賞もまた

楽しいものだと思います。

今回の妻の作品を紹介しようと写真を見ていて、

ふとこのような作品紹介にしたいと思いました。

 

(2018.12.10 記)

No.233 *あとりえ 悠*クリスマスフェア作品紹介(@吉祥寺Paleんtte)

 

f:id:you3113:20181123183518j:plain

クリスマスフェア前日の11月23日、妻とパレントに行きました。店長さんにお世話になりながら、灯り30点と小物70点を展示しました。

f:id:you3113:20181123183603j:plain

展示した作品のなかから一部紹介します。

 

f:id:you3113:20181114131100j:plain

アンティーク硝子を使った小さなツリーのオーナメント

高さ9cm  ¥5,000・6,000

 

f:id:you3113:20101127113605j:plain

天使のオーナメント   ¥4,500

 

  f:id:you3113:20181120101110j:plainサンキャッチャー  9cm 薔薇  ¥15,000

 

 

f:id:you3113:20181124004731j:plain

スワロフスキー製のシャンデリアパーツ「クリスタルライズ」にサンドブラスト硝子彫刻を施したチャーム ¥2,500

 

 

f:id:you3113:20160519233126j:plain

この花火のような写真は下のテレイドスコープでステンドグラスを見たときのもの

f:id:you3113:20160521075948j:plain
 アンティークガラス製テレイドスコープ水晶玉付き ¥10,000

 

  

f:id:you3113:20181123221534j:plain

 お休みライト  高さ8~9cm   ¥10,000~25,000

 

f:id:you3113:20181123221933j:plainアンティークガラスの小皿  モチーフはサンドブラスト彫刻

幅8cm   ¥5,000~8,000

 

  

f:id:you3113:20181123223627j:plain

f:id:you3113:20181123223541j:plain

キャンドルホルダー(LEDキャンドル付き) 高さ8cm 

アメリカ・フランス・ドイツのアンティークガラス使用

¥10,000~20,000

 

 

f:id:you3113:20180417000245j:plain

苺の灯り 高さ11cm ¥70,000  

苺のお休みライト 高さ8cm ¥25,000

 

 

f:id:you3113:20131124152535j:plain

 クレマチスの灯り  高さ19cm ¥50,000

  

 

f:id:you3113:20181118231920j:plain

雪うさぎシリーズ 13.5cm  「ゆらゆらランプ」 ¥80,000

 

 

f:id:you3113:20151118155150j:plain

雪うさぎシリーズ 13.5cm 「アロマランプ」 ¥80,000

  

f:id:you3113:20181123233134j:plain

雪うさぎシリーズ 「ミニツリー」  お星さままでの高さ19cm ¥50,000

 

 

f:id:you3113:20160903223235j:plain

栗の灯り  高さ11cm  ¥100,000

 

 

f:id:you3113:20171215231828j:plain

f:id:you3113:20181105005300j:plain

アロマランプ(アロマ皿付き) 高さ13.5cm

「薔薇文様」「牡丹」「蓮華升麻」「葡萄栗鼠」「蓮」など 

¥80,000~100,000

 

 f:id:you3113:20181123235522j:plain

紀ノ川薔薇文様の灯り  高さ18cm  ¥200,000

 

 

f:id:you3113:20181124000543j:plain

森の灯り~冬  高さ15cm  ¥200,000

 

 

f:id:you3113:20180315180300j:plain

福寿草の灯り~紅 (アロマ)  高さ16cm  ¥200,000

 

 f:id:you3113:20180902020027j:plain

宵待草とうさぎの灯り  高さ16cm ¥220,000

 

 

f:id:you3113:20181024230542j:plain

薔薇の灯り  高さ18cm  ¥240,000

 

 

f:id:you3113:20180322005843j:plain
森の灯り~三月  高さ18cm  ¥280,000

 

「販売価格の表示について」 

 今回のブログで販売価格の公開についてどうしようか悩みました。ネットでの価格表示というこんな当たり前のことを私たちはしないままで今日まで来ていました。したくなかったと言ったほうが正確かも知れません。
 妻のステンド作りのあり方で考えてきたことがあります。自分なりの思いで作った作品を見ていただきたい。ご依頼してくださった方に喜んでいただきたいので、直接お会いしてのやりとりを大切にしたい。
 妻の作るステンド作品はこの十年間幸いなことに口コミでお求めくださる方が不思議なくらい現れ、また熱心に応援してくださる方々に恵まれて、予想だにしなかったほど忙しくなりました。妻と「ありがたいね」「嬉しいね」と言いながら過ごす日々の中で、10年前より元気になった妻を見て何より嬉しく思います。またこのやり方で良かったと思っています。
 とは言っても気になることがあります。妻は、この作品でお求めの方が喜んでくださるかと自問をしながら作り続け、ご依頼された作品をお納めする日の緊張は計り知れません。もう数え切れない程の経験を重ねたのに今でも変わりません。もう少し楽な気持ちで作っていいと思うし、妻にはそうなって欲しいと願っています。
 また、お求めくださる方のなかには「あのう、おいくらくらいでしょうか」と価格をお知らせしていないために恐る恐るお問い合わせくださる方がいらっしゃって、ありがたいことですが、それ以上に申し訳ない気持ちでした。
 これらのことから、やり方をもう一度考え、少し変えてみようと思いました。今回のブログでの価格表示がご依頼の方と作る妻とがもう少し楽なところからスタートするきっかけになるなら幸いです。そして、さらにより良い作品をご依頼者またはご購入者のために制作されていくことを傍らで静かに祈っています。

(2018.11.24 記) 

No.232 いつの間にか気づいたアンティーク硝子の素晴らしさ

f:id:you3113:20181118231920j:plain

「雪うさぎ」 

アンティーク硝子ってすごいですねえ

一枚の透明のブルーのアンティーク硝子に

彫って生まれた白いうさぎと白い雪と白い樹

透明なアンティーク硝子1枚から

すべての物語が生まれるのです

f:id:you3113:20181118234049j:plain

アンティーク硝子は、昔からの宙吹き製法によって作られた手作り硝子。アンティーク硝子の多くは被せ(きせ)硝子で2層や3層になっています。妻は被せ硝子に砂をあてて硝子彫刻を施し、砂のあて方の様々な工夫から作品を作り出しています。妻がよく使うアンティーク硝子は、フリーモントアメリカ)、サンゴバン(フランス)、ランバーツ(ドイツ)等です。

 

 

f:id:you3113:20181116020517j:plain

「紀ノ川薔薇文様の灯り」

高野山に行って室町時代舞楽衣装を知り、それを元にして生まれた作品です。見ていると、古と今、和と洋など異なるものの調和しあう心地よさを感じます。その調和は、硝子そのものが私たちの予想を超えた昔から地球の東西を行き来し人々とともにあったことと無関係ではないように思われます。6年前奈良正倉院の瑠璃色等の硝子を妻と見たときに、私は千数百年に渡り存在し続けて今あることと今も静かな輝きを放つことに心底驚きました。妻のこの作品は、4面全てに使われたアンティーク硝子がこの作品に命を吹き込んでくれたと、私は見るたびにそう感じるのです。このアンティーク硝子、妻の大好きなフリーモントのピンク被せ硝子です。

 

 

f:id:you3113:20181116220945j:plain

「宵待草」

「青の世界に月夜の宵待草」と「輝く黄色の宵待草」の両面はともにサンゴバンのアンティーク硝子。黄緑色はフリーモントのアンティーク硝子です。これらのアンティーク硝子によって、それぞれの面がしっかりと一つの主張をしつつ他の面とも共存できるところがアンティーク硝子の素晴らしいところだと私は感じます。(人間もこうありたいものですが、まあ、なかなかねえ…)

 

f:id:you3113:20181112125555j:plain

「クリスマスチャーム」

小さな作品にも妻はアンティーク硝子をよく使います。このような小さなものほど硝子の違いが作品の違いに表れるように思います。アンティーク硝子を使うことで落ち着きと深みのある奥行きを感じられます。硝子の向こうの景色が揺れて見えるのもおしゃれな感じで、見ていて楽しくなります。

 

f:id:you3113:20181115133257j:plain

「小皿」

ご覧の通り、アンティーク硝子のたおやかさを楽しめます。2層や3層にして1枚の硝子を作ることでより上品な質感を得られる製造方法を生み出してくれた先人に感謝します。人類の貴重な財産だと私には思えます。直接見ても、透かして見ても、光を受けて影にしても楽しめるアンティーク硝子です。             

近年は高価格故でしょうか、需要と生産減少により型番廃番や会社閉鎖の声が聞かれるようになりました。もっとアンティーク硝子が見直されて多くの人々が楽しめるようになることを心から願っています。

(2018.11.20 記)

No.231 *あとりえ 悠*クリスマスフェア~吉祥寺パレント(11/24&25)

f:id:you3113:20181026212032j:plain

 

吉祥寺のPaleんtte(パレント)でのフェア、

今回がちょうど10回目になります。

そして、パレントが、

妻の作品の常設展示販売を始められて、

6年目になりました。

f:id:you3113:20181026212116j:plain

 昨年のクリスマスフェアは、

日本青年館ホール11種の「木の灯り」制作と、

その後の第5回個展のために時間の余裕がなく、

休ませていただきました。

2年ぶりのクリスマスフェアに妻も気合いが入り、

次々と新作を制作中です。

f:id:you3113:20181105022559j:plain

前回春のフェアの時の様子
 
11月24日と25日の両日は、

妻がパレントにおいてお客様のご質問等に

対応いたします。

お店をのぞいて、作品や硝子のことなど

何かお聞きになりたいことがございましたら、

ご遠慮なくお聞きください。

f:id:you3113:20181105024534j:plain

お時間ございましたら、

お越しくださいますよう、お待ち申し上げます。 

 

下の写真はパレントと店長さんと愛犬アリスです。

 

f:id:you3113:20181105235540j:plain

(2018.11.4 記)

 

「パレント近くの珈琲店

どうでもいいことかも知れませんが…

「パレント」近くには

特色ある珈琲店がいくつもあります。 

 

駅から中道通りを北に向かって歩き、

「パレント」を過ぎるあたりから、

通りいっぱいに珈琲豆焙煎の漂う香り。

その香りに引き寄せられ辿ると、

お客さんでにぎわう「珈琲散歩」の店先。

この店、専門誌「珈琲時間」での紹介が、

私の記憶では確か2,3年前。

席に着く前に好みの豆と煎り具合を指定すると、

一杯の珈琲を飲んで帰るときには持ち帰れるお店。

自分好みの焙煎に拘りたい珈琲好きには嬉しいお店。

 

私が現役で働いていた頃、

同業の先輩の淹れてくれた珈琲に感激。

すーとお茶のように飲める珈琲に、

「これだ!」

以来その味を求めて、

豆の種類、煎り具合、淹れ方と

機会あるごとに選んで、試して、味見して…数年間。

やがて淹れる温度は70度が適当と思えるようになった頃、

「パレント」近くの路地に「ぷらす90度」の看板発見。

この挑発的な珈琲店の看板に引き寄せられて、入店。

飲んで、確かに90度も悪くない。

しかし、雑味と苦みを抑え、豆のうま味を味わうなら、

やっぱり70度。

私の70度に確信を与えてくれた珈琲店がここ。

店の構え雰囲気も挑発的で寄ってみたくなるお店。

 

 

妻の「パレントのフェア」開催中、

私は隙あらば街歩き。

これが楽しい。困るほど楽しい。

そして、静かに珈琲を飲みたい時もある。

お昼時の吉祥寺の珈琲店はどこもにぎやか。

そんなときに見つけたのがこのお店。

「パレント」手前の西側路地に

目立たない看板で「月波珈琲紅茶店&Bar」

ひとけなく営業中か心配しながら、

お店のドアをそーと開け、

お客のいない店内に「珈琲、いただけますかあ」

奥から「どうぞう」

ご婦人のネルドリップで丁寧に淹れてくれた珈琲。

豆を育てた人にも、ピッキングの人にも、煎った人にも

感謝したくなるような味わい深くいい味。

静かな店内でただ一人、

時の流れさえも消えてしまいそうな

ぜいたくなひととき。

店を出るときは、

自然に、心から

ありがとうございました!

 

以上のお店は、

いずれも「パレント」のすぐ近くです。

珈琲のお好きな方には、

ご自分の好みでどのお店を訪ねても

何かを感じさせてくれるお店だと思います。

 

また私の知らない素敵なお店もたくさんあるでしょう。

どうぞ、吉祥寺の珈琲店であなただけの特別な時間を

お楽しみいただけることを祈っています。

No.230  「木の灯り」(其の29)~ 日本青年館ホールホームページ

f:id:you3113:20181028012051j:plain

「ホームページの主催者様へ」にある楽屋廊下の紹介

この度新日本青年館ホールのホームページが

新しくなりました。       

妻と私はこれまで何度となく日本青年館ホールにお邪魔し

役員の方はじめ職員の皆様にお会いしてきましたが、

いつもお客様を大事にされていらっしゃることを

強く感じてきました。

そんなお客様を大切にされていることの伝わる

ホームページです。

 

下記ご参照ください。

主催者様へ | 青年館ホール

f:id:you3113:20181020231610j:plain

ホームページリニューアルに向けて

妻は日本青年館ホールからプロフィール用写真を求められ

困っていました。

意を決して、表参道のそれ用の写真屋さんに行きました。

帰って来た妻は気分が高揚し若返っていました。

その時撮った写真はもっと若返っていました。

驚きました。

f:id:you3113:20181020231828j:plain

(2018.10.28 記)

No.229 3つの「星つむぐ灯り」~ご結婚おめでとう

f:id:you3113:20181008151921j:plain

ひとつはお相手の方のご両親のもとに

ひとつは亡きお父様も含めてご自分の両親に

そしてひとつはお二人の手元に

 

まもなく、お式の始まりでしょうか

ご結婚おめでとうございます

3つの「星つむぐ灯り」

結婚式のサプライズになるといいですね

f:id:you3113:20160508172619j:plain

ご依頼者の故郷にそびえる鳥海山。一昨年春妻が訪れた際撮った一枚。今頃、鳥海山が挙式と披露宴を見守ってくれているのでしょう。 

 

ひと月半前、ご依頼のお嬢様がわが家に来られ、

妻に作品のモチーフのことを話されました。

また秋田の鳥海山の麓で生まれ育たれたとのこと。

妻も2年前に「木の灯り」取材で鳥海山を訪れているので

二人の話はそのことで盛り上がりをみせていました。

モチーフの考え方やその準備も何ともしっかりしたお嬢様で

若いのに、と妻と感心してしまいました。

 

以下青文字はご依頼者本人からいただいた文章です。

作品のモチーフが色々あって統一感がないかもしれないと感じるかもしれないので参考にして頂けたらなと思います💡
モチーフは両親と田舎の思い出とこれからの自分たちに繋いで行くというような気持ちで考えたものです。
先日もお話ししましたが、一昨年父が他界してから改めて親の有難さ、自分を育んでくれた田舎の自然の尊さなどを表現してもらいたいなと思って選んだものです。

 

「糸」の歌→父の葬儀で、生前の写真紹介の際に流れていたものです。
人は出会いがあれば必ず別れもありますが、色んな人との出会いで自分の糸は誰かの糸に編まれていって自分がいなくなっても編まれたことはなくならないし、他の人がいなくなっても自分の中に編まれたその人の証はなくなることはありません。それらの意思や想いを後世に伝えられるような生き方をして行ければいいなという思いから自分が今生きていられる事をご先祖様に感謝して出会った縁を大切にしていきたい気持ちからこの歌詞をお願いしました。

 

f:id:you3113:20181008153406j:plain

鳥海山と月→スーパームーンの日に父と母が家の裏の畑まで行って見に行ったという思い出があるそうです。
父にしてはロマンチックなことをしたものだと嬉しそうに母親が話すので、父と母のようにいつまでも仲のいい夫婦になれたらという想いから選びました🌙

ネコ→お互い猫好きなのと両親も猫を子供のように可愛がっているので、ネコが取り持つ夫婦円満のシンボルとして選びました🐈

 

f:id:you3113:20181008170949j:plain

お猪口と徳利→こちらは主人のご両親ですが、2人の共通の楽しみがお酒だそうでケンカしても仲直りは乾杯でという意味で仲良く月見で一杯しながら🍻

 

f:id:you3113:20181008153837j:plain

稲穂→子供の頃からずっと父が作る米を食べて育ちました。
東京に来てお米を買わずに食べられる有難さを知りました🍚

アカショウビン→父の生前、家の前にケガをしたアカショウビンが落ちていて父と母が介抱したという思い出があり、父が亡くなったあと実家の側で鳴いていたそうで鳥嫌いな母の気を引くためだったのかなと父の化身のように思っています🐤

 

f:id:you3113:20181001022336j:plain

星座→星が好きということもありますが星座というご提案にして頂いたことでより運命的な意味を持ったことと時には星、鳥になった父が空の上から2人の星座を見守ってほしいなという想いから🌌

 

妻の作品作りを通して

あなたたちお二人の門出にふれることができました。

嬉しく、また誇りに思います。

妻と、今何時?

式、間もなくね…

親戚のような不思議な臨場感を味わっています。

 

改めまして、

ご結婚、おめでとうございます。

お二人ともお忙しいから身体に気を付けてくださいね。

そして私の淹れた珈琲で良かったら

またお二人でいらして飲んでくださいね。 

(お二人のご結婚の佳き日に 2018.10.23 記)

 

追伸

式後にご連絡をいただきました。

サプライズ、うまくいったとのことで、

妻と喜び合いました。

お母さんがランプを点けて寝たら

お父さんの夢をみるかもととても喜んでくれたとのこと。

お父さんも会場にいて

見ててくれていたに違いないと思われたこと。

これらのお知らせが、どうしてこんなに嬉しいのでしょうか。

 

「嫁にください」と言ってきた男は

猟銃で撃つと言ってたお父さんでしたよね。

冬には猟銃で猟をされていたお父さんですから、

ただの脅しには聞こえないし、

リアリティありすぎますよね。

それなのに、旦那さん、すごいですね。

めがねにかなったいい旦那さんで、

お父さんもきっと喜んでいますよ。

二人の幸せを見守っていますよ。

(2018.10.25 記)

No.228 宵待草の灯り~月夜にうさぎ二羽

f:id:you3113:20180923175350j:plain

 ウサギ2羽

何を見ているのでしょうか

何を思うのでしょうか

 

 

f:id:you3113:20180923172955j:plain

私には、宵待草(いわゆる待宵草)と言えば、

先ず「待てど暮らせど来ぬ人を…」の竹久夢二の歌です。

夕暮れ時に黄色い花を開き、

夜に咲き続け、朝にはしぼむこの花の儚さを

しみじみ感じさせる歌です。

野外で見つけたときの待宵草は、

私の中に抒情豊かなメロディーとともに夢二の詩が流れて、

ちょっぴりもの悲しい気分にさせる不思議な花です。

 

 

f:id:you3113:20180923093355j:plain

 ところが、妻の作ったこの「宵待草の灯り」、

月と宵待草とうさぎからは、

儚さやるせなさは感じられません。

その理由はうさぎ2羽とその佇まいのようです。

寄りそった2羽には幸せな空気が流れています。

聞けば、結婚記念にとご依頼された作品のデザインを

もとにして作られたとのこと。

なるほど!

納得です。

幸せな、満ち足りた空気感の宵待草です。

これはこれで、いいものですね。

f:id:you3113:20180924105745j:plain

ご結婚記念用にとご依頼くださったお二人に、

作品を通して作り手の思いを届けたのでしょうね。

いろいろなことはあるでしょうが、

末永くお幸せにとの作り手の思いです。

 

ところで、今日24日は中秋の名月

見られるといいですね。

 

f:id:you3113:20180924105828j:plain

  この作品を展示中の保育園

妻はかつてお世話になった保育園に

季節感を味わえるように作品を月ごと替えながら

展示させていただいています。

この作品は9月展示用に作りました。

いつも園の玄関に妻の作品が引き立つように、

作品世界を演出してくださって感謝しています。

先日撮影のために一時引き取りに伺いましたら、

作品の周りには季節の元気な栗が添えられていました。

このような展示を10年以上続けてくださっています。

展示をして観ていいただけることがまた、

作り手としての妻の励みです。

本当に感謝しております。

(2018.9.24 記)