心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.198 日本青年館の「木の灯り」(其の24)~宝塚歌劇星組公演「阿弖流為」

f:id:you3113:20170720103659j:plain

どんなふうに灯っていたでしょうね。宝塚「阿弖流為」の日本青年館ホールこけら落とし公演。

 

 夢を見たのだろうか。

 真夏の夜の夢なのか。

 

 しばし、ご笑覧頂ければ幸いです。

 

 

この年になって、宝塚公演を観劇できるとは。

人生、何があるか分からないとはこのことだ。

日本青年館ホールからの招待で二人分のチケットを頂いた。

私もわくわくしたが、妻は大騒ぎだった。

 

妻は「木の灯り」をつくりながら、

これが楽屋に取り付けられたら、

出演される宝塚のスターが木の灯りを

観てくれるのだろうか…

想像もしただろう。

 

日本青年館ホールで宝塚公演をいつか観てみたい。

妻は「阿弖流為(あてるい)」は観たいけど、

人気演目でチケットは手に入らないと

諦めていた。

そのチケットが届いたのだからもう大変。

大騒ぎ。

妻は宝塚情報をネットで検索したり

原作の高橋克彦著「火怨」を求めたり、

地理や歴史の資料を集めたり、にわかに忙しくなった。

 

そこに

私が、現役時代お世話になった保護者の登坂さんから、

どうぞ、宝塚を楽しんでくださいと連絡が入った。

登坂さんは元宝塚の方で、

PTA活動にも熱心に参加下さっていただけでなく、

講師として

ヴォイスワークショップの教員研修も行って下さるなど、

私がいろいろとお世話になった方でした。

妻が日本青年館ホールの木の灯りをつくるのを知り、

ご自分の思い出の場所に飾られるのを

とても喜んでくださっていた。

その後、

私の宝塚の同期の方が出演されます、と教えてくれた。

俄然宝塚公演が身近になった。

そして、登坂さんは

宝塚時代、星組の乙原愛さんとして活躍した方とわかり、

我が家は「宝塚」の話題が日常会話となった。

 

f:id:you3113:20170801102234j:plain

 

そんなとある日、

妻と開場より少し早めに日本青年館ホールに着いた。

新装の気持ちよい席に座り、開演を待った。

音楽が鳴り、出演者が舞台で踊り出した。

手足の先まで仔細且つ大胆に踊る。

何より踊る表情がいい。

舞台で輝く目。

開演、数十秒で

日本青年館ホール舞台の世界に私は引き込まれた。

 

阿弖流為」の舞台は東北。

時は桓武天皇の平安遷都の頃。

征夷大将軍坂上田村麻呂との戦いに臨む蝦夷(えみし)の

若き指導者阿弖流為の葛藤と仲間達の物語。

 

私の祖先は

かつて蝦夷と言われた一ノ関市に伊達騒動の頃まで

住んでいたと兄に聞かされた。

総本家の大きな倉の中の刀と槍を見せられ、

子ども心になるほどと納得した。

さらに総本家代々の家系図を元に、

二十余代遡ると、ちょうどほら伊達騒動の頃になると

指を折っての話を聞いた。

以来私はこのことを疑ったことはない。

舞台の阿弖流為とその仲間に

我が祖先が伊達騒動までは同郷だった故、

共感するのはやむをえまい。

結婚する頃に分かったのだが、

妻の父の出身も一ノ関だった。

観客席の妻と私、

心持ちひっそり蝦夷(えみし)だった。

f:id:you3113:20170813082258j:plain

神戸新聞より 

終盤30分ほどは泣けて泣けて困った。

それまで展開していたストーリーが、

私の頭の中ですべてひとつのテーマで繋がった。

ひとへの信頼!ひとを信ずるということ。

そうするとわずかな台詞にさえ、

その背景と深い意味で心がいっぱいになる!

阿弖流為の仲間の小さくうなずく「うん」にさえ、

そうだね、そうだねとなる。

そしてまた泣ける。

隣のおじさんもクシュクシュうるさく泣いていた。

きっと蝦夷の筋に違いないと思った。

終わって、「いやあ、こんなに泣いだごどねがっだでぇ。」

やっぱり蝦夷だった。

  

素晴らしい舞台だった。

脚本、演出、出演者、照明、音響、その他スタッフの方々

ありがとう!

「ひとを信ずることの素晴らしさ」をありがとう!

「感動したぞー!」「ありがとう。よかったぞー。」

フィナーレとともに賛辞と感謝の声をあげたかったが、

観客席のみなさんは行儀よく拍手するだけなので、

私も目立たないよう自重した。

しかしどうしても

感動した私の拍手はバチバチバチッとなる。

すると隣のおじさんもバチバチバチッ。

オー!

私のおじさんへの信頼感も高揚。

信頼こそ、この阿弖流為のテーマなのだ。

 

f:id:you3113:20170801105055j:plain

終演後、妻と私は関係者の方に

今までこんなことはないのですが…と案内され、

あろう事か、

阿弖流為桓武天皇にお会いしたようだ。

あまりに畏れ多いことで、

感激のあまりよく覚えていない。

これは家宝にします。

たしか…そう言って受け取ったサイン入りプログラム。

阿弖流為桓武天皇役お二人のお名前が記されていた。

 

そのサイン入りプログラム、

我が家の数日前からのリフォームの混乱のせいで、

妻が昨日からどこ?どこ?と必死に探している。

 

妻と私の真夏の夜の夢

f:id:you3113:20170723134430j:plain

 

夢から覚めても感謝の気持ちはいっぱいです。

ご招待下さったホールの社長さん、

かつてお世話になり

またまたお世話になった保護者で元宝塚の登坂さん、

そして登坂さんの同期の方のお骨折りお心づかいに

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

身内ながら妻へ

ステンドを作っているお陰で私は夢を見ました。

ありがとう。

あのとき、ステンドをやめないで、

よかったね。

(2017.8.11 記)

No.197 日本青年館ホール「木の灯り」(其の23)~笑顔の色紙 

f:id:you3113:20170730203110j:plain

 

 「そこでいいよ」

そうやさしく教えてくれた搬入車整理のおじさんも…

 いつも慌ただしく、

作業員をのみこんでははき出していた現地事務所も…

いつどこに消えたのだろう。

工事期間とは様相を一変させた竣工記念演奏会の7月23日、

妻と二人で日本青年館ホールでの演奏を楽しんだ。

 

会場では鳥海山巡りでお世話になった森林組合長ご夫妻や、

今までお世話になった方々にお会いできた。

一緒にお仕事をさせて頂いた書道家の佐藤佳奈さんとも

お会いできた。

 

楽屋名の「欅」や「桜」等の室名板は

佐藤佳奈さんの書を妻がガラス板に彫刻した。

f:id:you3113:20170730204924j:plain

各部屋ごとに、

使用木材と室名書と木の灯りがセットの設計になっている。

f:id:you3113:20170730210754j:plain

佳奈さんは部屋の中用にも部屋名の書も書かれた。

素晴らしい作品で廊下に展示されている。

f:id:you3113:20170730211030j:plain

 

佳奈さんは毛筆デザイナーと紹介されることも多い。

私にはこのほうがぴったりくる。

佳奈さんはご自分のラジオ番組をお持ちで、

漢数字の三の書き方についての放送を

たまたま聞いた。

佳奈さんの言葉を通して、

私の頭の中で字のイメージがどんどんふくらんでいった。

書はイマジネーションなのだと知らされた。

止めやはねなどの細部にこだわるあまり、

字を楽しめなくなった今の私たちに、

もっと楽しめるということを教えてくれているようだ。

ジャンルにこだわらずに挑戦する佳奈さんの

活動の根源をのぞいたような気もした。

 

佳奈さんはたまたま私の郷里のとなりの集落ご出身で、

東京ふるさと会でご一緒した。

その際に妻は、名前を入れた色紙を書いてもらったが、

これが何度見てもいい。

実にいい。

妻が笑っている。

笑顔の妻だ。

人は生きているといろいろあるが、

笑顔が一番という色紙だ。

いつも見えるところにおいて

いい色紙を頂いたと

二人で感謝している。

(2017.7.31 記)

No.196 日本青年館ホールの「木の灯り」(其の22)~取付工事&ホール見学

f:id:you3113:20170714001626j:plain

ー取り付けて、取りあえず点灯の確認ー

7月18日、日本青年館ホールは本日竣工です。

関係の皆様、誠におめでとうございます。

 

少しさかのぼって7月10日、

灯りの取付工事立ち合いのため、

妻と日本青年館ホールを訪ねました。

作業はその内容によって担当班があるようで、

灯具担当の方々が取り付けてくださいました。

写真を撮る余裕はなかったのですが、

慌てて何枚か撮りました。

f:id:you3113:20170714000824j:plain

ー外観とホワイエー

竣工間近でとてもお忙しいさ中建築設計責任者の方が

妻と私を館内やホールをご案内くださり、

恐縮しました。

拝見して驚きました。

現在作るホール、これからのホールは、

こんなにも違うのかという驚き。

感激しました。

f:id:you3113:20170714001215j:plain

ーホールと楽屋内ー 

ホール見学で一番感じたのは、

たかだかアマチュアの合唱経験しかないのに、

実に畏れ多いことですが、

このホールで歌ってみたい!でした。

ホールのつくりには全くの素人ですが、

充分に横幅と奥行きのある舞台、

傾斜のある観客席にカーブした横ライン、

高い天井と広くて動きやすい照明係用フロア、

音の適度な響きを残しそうな波打つ壁面の木材等々。

見ているうちに、

つい歌いたい感情が湧いてしまいました。

(もちろん歌いません。)

 

f:id:you3113:20160510163836j:plain

 ー国際教養大学図書館ー

昨春、

「木の灯り」の木などの取材のため、秋田を訪れた際に

木造建築として有名な国際教養大学図書館を見学しました。

傘を広げたような太い梁の下、螺旋に連なる各スペースに、

分類された書庫と個人閲覧スペース。

知的刺激とやすらぐ居心地感。

この図書館なら一日いたいと思いました。

この見学とこの建物設計者の仙田満氏の著書を通じて、

私が理解したことは、

『建物は建築家の人間理解の深さが決める』と言うことでした。

 

仙田氏の著作から私が学んだ

『人に何かをしたいと思わせる建物』づくりを目指すなら、

このホールこそその建物になると思いました。

 

竣工後、多くの出演者と観客と職員の皆様により、

ともに感動を分かち合うホールになるだろうと思いました。

 

f:id:you3113:20170714001444j:plain

「杉の灯り」と「杉の楽屋」

そのホール楽屋に 「木の灯り」をお納め出来たことを、

誇りに思います。また、この作品にかけた1年半の

妻の思いと積み重ねにも敬意を覚えます。

ことばに出したら

「良かったね」「頑張ったね」

あ~、いつもと変わらない言葉でした。

 

制作中から

「木の灯り」を見たいと言うお声を多く頂きましたが、

関係者以外は入れない場所への設置のため、

見て頂くことが叶いません。

その代わりにはならないと思いますが、

今年初冬には「木の灯り」作品集(写真集)発行予定です。

編集の方のご指導ご支援を頂いて、

妻の思いを届けられたらと願っています。

(2017.7.18 記)

No.195 日本青年館ホールの「木の灯り」(其の21)~最終作品「桐の灯り」完成  

f:id:you3113:20170706000546j:plain

桐の花は樹上高く房状にして薄紫色に咲く。

地上で直接見ることはなかなか叶わない。

f:id:you3113:20170706000534j:plain

有り難いことに、

知人から桐の花を納めた氷柱を頂いた。

驚くほどきれいな花。

冷たい桐の花にじんわり人の温もり。

 

「ローズ亭」のオーナーさんからは、

“あそこならまだ桐の花が見られますよ”と。

まさに観察に適した頃合いの花と葉。

目の高さで観察。最高だった。

f:id:you3113:20170706000508j:plain

花の背景に選んだのは鳥海山

妻と昨春訪れた思い出の山。

私は鳥海山と聞いたとき、

妻と私をご案内下さった森林組合長さんご夫妻の笑顔が、

思い浮かんだ。

 

妻の作品はこうして目で見、手で触れ、

そして人との関わりで図案が出来ていく。

 

妻の作品作りをそばで見ていて、

私にはその過程がもう物語。

いつも悩んで、苦労して、時に喜びを溢れさせて、

その一コマ一コマを紡ぐように作品は生まれる。

 

f:id:you3113:20170706000355j:plain

この度、ようやく

日本青年館ホールの「木の灯り」全11点、完成。

完成した次の日の朝、妻は、

いつもより遅く起きてきて「よく、ねたー」。

何気ない朝のひと言に、

ようやく出来た安堵感、

プレッシャーから解放された喜びの気持ち、

にじんでた。

私も何気ないままのように、

“よかったねー”と,

ひと言妻に応えた。

(2017.7.9 記)                                                                                                                   

No194 日本青年館ホールの木の灯り(其の20)~「橅の灯り」完成

f:id:you3113:20170628232159j:plain

「橅(ぶな)の灯り」は

「とお(10)の木の灯り」制作途中に受けた

日本青年館ホールからの追加注文でした。

「ブナ」を制作できることに妻も私も喜びました。

 

f:id:you3113:20170601235650j:plain

『ぶなの森は緑のダム』。

わかりやすい文章構成で

ブナの森がいかに私たちに大切であるのか考えさせる

小学校の教科書にのっている説明文です。

子ども達と熱心に取り組んだことを記憶しています。

(退屈だと思っていた子もいたでしょうね。ごめんね)

もう30年も前になります。

 

妻も同様にこの文章を気に入っていました。

どこか遠くに行くと、

ブナのあるところに私たちの足は向きました。

 

白神山地のブナ林を歩いたのは6年前。

白神山地は行こう、行こうと言いながら

なかなか実現しなかったのですが、

私の定年退職後やっと行くことができました。

ブナの木立から時折のぞく真夏の青空,

少し汗ばみながら私たちは歩きました。

行き着いた先の小さな沼の青さ、

ブナ林の中で立って見たりしゃがんで見たり、

その青さが忘れられません。f:id:you3113:20170628232858j:plain

秋田の森吉山は広大なブナ林と季節の草花が多く、

妻のお気に入りの場所です。「花の百名山」のひとつです。

私は山頂まで20分要するゴンドラから望む景色に

大満足です。高所恐怖症であることを忘れます。

2度訪ねましたが、妻はまた行きたいとしきりに言います。

私もこのゴンドラはどうと言うことはないので、

「機会見つけていこうね」と余裕で応えます。

f:id:you3113:20170601234432j:plain

昨年の5月は妻と鳥海山麓のブナの原生林を巡りました。

地元の森林組合長さんご夫妻のご案内で

ブナとふれあう楽しい散策でした。

奇怪な形状のブナを見ながらたどり着いたのは

山道奥の樹齢300年のブナ「あがりこ大王」。

大王のまわりのたくさんのブナの実生(みしょう)に、

私はその一見の弱々しさに生命の神秘さ、

そして逞しさも感じました。

f:id:you3113:20170601235137j:plain

 ところで、ブナ巡りで妻は何を見たのでしょうか。

 

f:id:you3113:20170628233119j:plain

 

この作品に

妻の見たもの、

見たいものがあるのだと思いました。

(2017.6.28 記) 

No.193 日本青年館ホールの木の灯り(其の19)~「楢の灯り」完成

f:id:you3113:20170611151513j:plain 

今回の写真は新進気鋭の若手カメラマンによるものです。

カメラマンへの撮影依頼は、

11月発行を目指して製作に取りかかっている

「木の灯り」作品集の編集・製作者からのアドバイスでした。

確かにプロは違うものだと感心しました。

f:id:you3113:20170611151540j:plain

各種機材を抱え、重装備で来られるかと思っていたら、

普通だったので少し驚きました。

10作品を撮っている間のやりとりから、

逆にその才能と感覚の良さに驚きました。

 

お昼はラーメンを食べてもらおうと一応ひと揃い準備。

冷やし中華?」「醤油ラーメン?」「つけ麺?」

そうしたら、「醤油、細麺」。

これは若いのに、なかなか!

作るのも楽しくなりました。

f:id:you3113:20170611151953j:plain

撮影の横尾さん

ありがとうございました。

以上3枚の写真は横尾  涼氏の撮影によるものです。

 

 

f:id:you3113:20170505015929j:plain

 

ところで、前回のブログNo192を書いた頃、

私は親友の急逝に落胆していました。

そんな時、たまたま手にした若松英輔氏の本で、

柳宗悦の言葉に出会いました。

 

“悲みのみが悲みを慰めてくれる。
 淋しさのみが淋しさを癒やしてくれる”(送り仮名は原文のまま)

最愛の妹を亡くした柳宗悦だったが、
悲しみの深さゆえ亡き妹に会えるという。


若松氏の文章は続きます。

“悲しみの扉を開けることでしか差し込んでこない光が

人生にはある。その光によってしか見えてこないものがある。”


これらの言葉にふれているうち、

悲しみや嘆きにジタバタせずに、

そのあるがままもいいと思えるようになりました。

人生、そのほうが深いとは言いませんが、

今まで見えなかったものが見えたり、

人生がもう少し楽しくなるのかもしれないと思えます。

 

先人の言葉をかみしめています。

 

(2017.6.19 記) 

No.192 日本青年館ホールの木の灯り(其の18)~落とし文(おとしぶみ)

f:id:you3113:20170531104742j:plain

 

山道に転がる虫の丸めた葉。

落とし文(おとしぶみ)と言う。

f:id:you3113:20170601010714j:plain

 

あなたへの 想いここにも 落とし文    小池 森

 

忘れようとしても忘れられない

どれほどの想いなのでしょうか。

道ばたの“落とし文”にまた想いが湧き上がるのでしょうか。

 

この句は、大学時代からのかけがえのない親友の急逝を

ある朝突然に知らされ、

行き場のない私の想いと重なりました。

 

そう妻に伝えたら、妻から

栗の灯りに“落とし文”を描いていると

教えられました。

f:id:you3113:20170531095732j:plain

 

やや 左のだらんと垂れている葉。

オトシブミという虫が丸めます

 

“木の灯り”の“落とし文”

私は彼の笑顔と会えそうな気がしました。

 

*オトシブミの画像は東北大学生命科学研究科のサイトより拝借しました。

(2017.6.1 記)

 

追伸

突然逝ってしまった彼。

彼に娘が生まれたとき、

私はその娘の名前を聞き、意外さに、

えっ? と聞き返しました。

八木重吉(詩人)の娘も同じ名前だったね”

少し照れながら教えてくれました。

その重吉の書いた詩「雨」は

多田武彦氏の組曲「雨」の最終曲として、

男声合唱団では知らない人はいないほど有名です。

私も大学時代から何度も歌ってきました。

 

この詩は、

彼の生き方だったんだなあ。

あらためて「雨」を聴きたくなりました。

歌いたくもなりました。

 

   

     八木重吉

雨のおとが きこえる

雨がふっているのだ。

 

あのおとのように そっと世のために

はたらいていよう。

 

雨があがるように しずかに死んでゆこう。

 

※多くの人に、聴いて欲しい曲です。

   演奏は学生時代に交流のあった合唱団です。

 https://www.youtube.com/watch?v=1P1EIXd6_20