心に灯るあかり *あとりえ 悠*

*あとりえ 悠*は妻・一ノ関悠子の小さなステンドグラス工房。妻のつくった作品を写真と文章で紹介します。ステンドグラスのよさが伝えられたら幸いです。

No.282 妙高高原の「BONNE NEIGE(ボン ネイジュ)」その2(制作の過程)

f:id:you3113:20210522164654j:plain


「BONNE  NEIGE(ボン ネイジュ)」をたずねて

長い間

お客様を受け入れ

お客様とともに過ごしてこられたペンション。

フランス語で「BONNE  NEIGE(ボン ネイジュ)」。

閉じらてなお愛着はつのるのでしょう。

「BONNE  NEIGE』をステンドグラスにして欲しいと

制作ご依頼を受けました。

 

そして妻と二人でたずねました。

妙高高原の「BONNE  NEIGE」。

高原に冬の気配が忍び寄る季節でしたが

妻と私の心は信じられないくらいに温かくなりました。

「BONNE  NEIGE」を守ってこられた方にふれたから。

 

「BONNE  NEIGE」の模型づくり

f:id:you3113:20201119062330j:plain

妻の「コッツウォルズの蜂蜜色の家」(2013年作)

上記の妻の作品を見られてのご依頼だったので、

私はデフォルメした作品と想像しましたが、

「お客様がご自分の泊まった部屋が分かるような…」

とのお話。

妻はそれではと、

「BONNE  NEIGE」の住宅設計図面を送っていただき、

正確な模型づくりから取り組みました。

 

f:id:you3113:20210522165053j:plain

 

妻は建築模型の本を買い求めて勉強していましたが、

YouTubeが、一番よくわかった。」とのこと。

昨今、YouTubeが話題になるわけが

分かったような気がしました。

 

試行錯誤を重ねながら、

徐々に「BONNE  NEIGE」の模型が仕上がってきました。

f:id:you3113:20210522165200j:plain

かなり時間はかかりましたが、

住宅設計図から「BONNE  NEIGE」の模型の完成です。

ステンドグラス作品をつくる基ができました。

f:id:you3113:20210430082837j:plain

ここから

いよいよ硝子の特性・良さを生かしての作品づくりです。

 


「BONNE  NEIGE」 を「硝子で作る」

ご依頼の方とも相談しながら選んだサイズは75分の1。

通常の建築模型は50分の1が基本サイズとのことですから

キュートな作品になりそうな感じの大きさです。

一方、硝子切断やくっつけ作業には手間がかかるかも…

 

案の定、小さいピースがめじろおし。

f:id:you3113:20210526233215j:plain

 

さらに妻は二重窓も表現したいらしい。

毎度のことながら

制作時間や効率とは関係なく進みます。

f:id:you3113:20210519224200j:plainf:id:you3113:20210519224512j:plain

 作り方が今までとは異なる作品ですが、

ご依頼者に喜んでいただけるものにしたいと

それだけ思って作り続けているのでしょう。

 

どんな風に仕上がるのか、

楽しみです。

 

ブログを書いていたら思い出しました。

「BONNE  NEIGE」を建てて30年運営してこられた方の

「ペンションのあるじ」のネパール食べ物紀行」

f:id:you3113:20210526235216j:plain

「BONNE  NEIGE」を作られたお父さまの書かれた本

ブログを書いてて、無性に読み返したくなりました。

ネパールの山岳地帯を旅しながらの食にふれた文章は、

人のあり方を考えさせます。

魅力的な方です。

至らない自分を見られそうですが、

できたらお会いしたかったと思いました。

そして、

その死を受け入れなければならない

ご家族の思いに心及びます。

妻の「BONNE  NEIGE」があなたに届きますように。

合掌。

 

 (2021. 6.5 記)

 

追伸

あなたが大切に育ててこられた雪割草の写真が、

撮影されたお嬢様から届きました。 

f:id:you3113:20210604235047j:plain

「可憐な雪割草は自然とともに自然のままに…」

写真を見て、そんな思いがしました。

No.281 二人の船出~ご結婚おめでとう

f:id:you3113:20210311140842j:plain

 お二人が中心になって作ったステンドグラス

そうですか。

お父さまは、

はるのさんの中学生の時に亡くなられたのですか…

ヨットに乗せてもらったり海で一緒に遊んだり、

思い出はたくさんおありなんですね…

f:id:you3113:20210311180255j:plain

このまさとさんのデザイン、

元の写真ではヨットの帆の直線だった部分が…

風を受けて帆がグッとふくらんでふくらんで、

出帆(しゅっぱん)!

二人の船出、ヨーソロー!

 

私はまさとさんのデザインしたこの面を見ると、

二人の思いとお二人の親御さんのお気持ちが

いろいろうかんできて

私も胸がいっぱいになるんですよ。

f:id:you3113:20210311180106j:plain



まさとさんとはるのさんは

4月に結婚式を挙げられました。

 

はるのさんのお母さまへの感謝と結婚の記念に、

二人でステンドグラスのランプをあげたいと

妻が相談を受けたのは昨年11月。

 

美大卒のまさとさんならと、

妻はデザインも制作も二人が中心になって作れるように

お手伝いしたいと提案しました。

 

f:id:you3113:20210514225924j:plain

お二人は結婚式の準備の合間を縫って、

何度も我が家に来られては制作作業をされました。

 

f:id:you3113:20210514225819j:plain

お二人は互いに気遣いながら、作業に集中

 

 

力を合わせて作品制作に向かう二人の姿に

私は「がんばれよ」と声をあげたい気持ち,

そして同時に、

「自分も…もう少しがんばれるのかな…」と

励まされる気分になりました。

f:id:you3113:20210515072741j:plain

春暖のベランダで二人して休憩

 

二人の作品制作は妻には特別な時間でした。

教員時代に4年間担任したまさとさんが

はるのさんと二人して船出するこの時に

思いがけず関わることができたからです。

f:id:you3113:20210311140622j:plain

桜の季節にお二人の挙式がイメージされます

 

親思いのやさしいお二人のお母さまへの贈り物、

いいのができましたね。

生前ヨットにはるのさんを乗せられたお父様、

お二人の船出をどんなにか喜ばれていることでしょう…

 

はるのさん、まさとさん。

ご結婚おめでとうございます。

 

(2021.5.15 記)

No.280 行灯「紀の川」2021

f:id:you3113:20210415040200j:plain

 行灯「紀の川」2021:初代は行灯「紀の川」(2013年制作)

モチーフは室町時代舞楽装束の薔薇文様。

600年も前の日本にあったこの文様が、

西洋で生まれた硝子に彫られ、

今この時代の私達にもみずみずしさを感じさせます。

f:id:you3113:20210414075241j:plain

ご依頼者は我が家に来られたその時に、

玄関に置いてある行灯「紀の川」に

一目惚れされていたそうです。 

f:id:you3113:20210410182125j:plain

人と作品との出合いは様々です。

作る人とモチーフとの出合いもまたいろいろです。

私は妻がよくぞこの「薔薇文様」にたどり着いたと、

その偶然に感謝しています。

f:id:you3113:20210503102737j:plain

室町時代舞楽衣装「薔薇文様」

 

たまたまの偶然が重なり…

偶然の七つ目が二人で尋ねることになった高野山の宝物殿。

妻はここで

紀の川」のモチーフとなる薔薇文様に出会いました。

出会いは必然かなあ…

私は妻の薔薇文様の作品を見る度に思ってしまいます。

硝子を通る光で表現される薔薇文様が

あまりに素敵なのです。 

f:id:you3113:20210415052932j:plain


薔薇文様に出会ってから

薔薇文様をモチーフにした作品を数多く作ってきました。

素人目には、制作は面倒くさそうです。

まん丸の硝子ピースを作り、

下絵を描いたシールをカットし、それを彫刻。

その丸いピースの周囲の大きなピースもまた面倒そうです。

f:id:you3113:20210502234142j:plain

一枚の硝子に描かれたように薔薇をはめるために、

受ける硝子だけ見ると摩訶不思議な形状になります。

また、世界最高と言われるフリーモントの美しい硝子を

使うことが多いのですが、

厚さが2~6mmと一定してないので、

グラデーションを損なわないように

繋げてカットする苦労もあるようです。

f:id:you3113:20210502234229j:plain

 

薔薇文様のモチーフで

多くのご依頼作品を作ってきた妻ですが、

いくつ作ってもこの刳れのカットは緊張するといいます。 

 

f:id:you3113:20210413224501j:plain

左:行灯「紀の川」2021     右:行灯「紀の川」(0013年制作)

ご依頼の行灯「紀の川」2021が完成した翌日、

我が家の初代の行灯「紀の川」を並べてみました。

ご依頼の方のご要望を伺いながら作った行灯「紀の川」2021。

ほぼ同じ行灯なのに、

表情がすでにご依頼者を向いているように思いました。


この作品は

お仕事を現役でご活躍されているお母さまへの

贈り物として、ご依頼者からご注文をいただきました。

 

喜んでいただこうと

妻はサプライズでサイドには麻の葉文様を入れました。

麻の葉文様はよく育つと産着等に利用されてきましたが、

他にも無病息災や長生きなどの願いで使われる文様です。

今般、人気になっている文様でもあります。

f:id:you3113:20210413225531j:plain

正面上部の大きなピースは、

元の作品は桃ですが薔薇をご要望されました。

美柑のピースは同じ硝子がなく、彫り方を変えました。

他の薔薇文様の色もお好きな色合いを選んで

いただきました。

f:id:you3113:20210413191422j:plain

一見同じように見える行灯「紀の川」ですが、

妻とご依頼者の話し合いをしながら作る過程に置いて、

更にご依頼者のお気持ちもがこもる作品になって

いくようです。

これが、できあがったときに、

ご依頼者を向いている作品に見える原因なのかも

知れません。

 

もう少し詳しく言うと、

ご依頼者のお母さまを向いている作品になったように

思います。

 

f:id:you3113:20210415052003j:plain


ようやく完成しました。

お待たせしました。

(2021.5.5 記)  

NO.279 どんぐりの灯り

f:id:you3113:20210311134025j:plain

あかちゃんをあずかる「どんぐり保育室」で働かれる皆さんから

「どんぐりの灯り」のご依頼を受けました。

f:id:you3113:20210311213022j:plain

8名の方お一人お一人に

f:id:you3113:20210311135442j:plain

ご自分の灯りに使いたいご自分の好きな硝子と

その並べ方を決めていただきました。 

 

f:id:you3113:20210311211738j:plain

選ばれた硝子には、

様々な気持ちが込められていることを知りました。 

 

 

f:id:you3113:20210311133841j:plain

みな様お一人おひとりの思い出だったり…

 

f:id:you3113:20210311214320j:plain

  

f:id:you3113:20210311213837j:plain

新しい自分であったり…

 

f:id:you3113:20210311134644j:plain

憧れであったり …

 


それぞれの灯りが

お一人お一人の心に届くように

妻は夢中で作っていました。

 

そうして、

8つの灯りができました。

f:id:you3113:20210418000343j:plain 

(2021.4.21 記)

 

追伸

4ヶ月ぶりのブログです。

書こうと思いながらも

なかなか書けないまま

時間だけが過ぎていきました。

「どんぐり保育室」の皆さんと

妻とのやりとりを見て、

ああ、書きたいなあと思いました。

それでアップできたのかもしれないなあ…

No.278 母の帯の灯り

f:id:you3113:20201216162554j:plain

直接拝見はしていませんが

きっと

とても素敵な

とてもとても大切な

帯に違いありません。

できあがった作品をみて

私はそう思いました。

f:id:you3113:20201114121242j:plain

 ご依頼者が送ってくださった「帯の写真」

制作にあたり、

ご依頼の方から

妻は

大切な帯の写真と

大切なその意味を

受け取ったのでしょう。

 

f:id:you3113:20201216203512j:plain

帯の絵から

「薄紫色のお灯明」ができました。

妻は

世界で最も美しいフリーモント社のガラスに

その花を彫りました。

 

f:id:you3113:20201214232506j:plain


作品ができ、

お届けの荷づくり作業の妻を見て、

私はお借りした大切な帯を

お返しする気分になりました。

大切なものを

どうもありがとうございました。

 

f:id:you3113:20201215073201j:plain

ふと 思い出しました。

50年前田舎の母が縫って送ってきた私のゆかた。

捨てられずにまだ箪笥の奥にあることを。

着ないのに。

ごく普通のゆかたでさえ、

私はまだ捨てられないでいるのです。

身にまとう衣装の不思議さ。

 

汗水たらしながら作った野菜を

リヤカーに乗せて朝市に行って売っていた母。

得たお金を握りしめるように私のゆかた生地を求めて

朝市近くの呉服屋に飛び込んだのでしょうか…

 

薄紫色のガラスのやさしさ。

心慰められる作品に仕上がったように

私には思えます。

 

 (2020.12.22 記) 

No.277 ドアの「伊勢物語」- 夢うつつ -

f:id:you3113:20201201203300j:plain

 

~お納めした髙野さんから

  その夜にメールが届きました~

 

今晩は。髙野です。

今日は素敵なステンドグラスを取り付けていただき

ありがとうございました。

写真の通り、超素敵な「窓」になりました。

心がワクワクして興奮鳴り止まず?です。

本当にありがとうございました。

 

~翌朝、また髙野さんからメールがきました~

 

お早うございます。

今朝は窓から差し込む朝日(赤い太陽光)を受けて、

雅な世界を醸し出していました。

太陽光線によって色の違いまで

楽しんでいます。

 

メールを見て妻は嬉しそうでした。 

妻が作品を作り続けることができるのは、

ご依頼者に喜んでもらえるからです。

制作過程もご依頼者と歩んでいるかのようです。

 

《制作過程》

1 もと絵

f:id:you3113:20201202000545j:plain

「小説伊勢物語 業平」髙樹のぶ子著 大野俊明 の挿絵

 

昨年、妻が作った北斎の[神奈川沖浪裏」(注1)を

気に入っていらした髙野さんから、

“そのうちお願いします”とのご依頼がありました。

 

その後、髙野さんが

ステンドをはめ込む枠をドアに設けたと

教えてくれました。

 

2ヶ月半前、

モチーフの絵が決まり、

お宅に招かれてお打合せをしました。

ご指定の絵は「伊勢物語」の「夢うつつ」。

妻は平安時代の絵巻絵は初めてでしたが、

ご依頼者のお陰でいろいろな作品に挑戦できると

意欲満々でした。

 

2 下絵とピース作り

f:id:you3113:20201202083104j:plain

左:元絵からステンド用にデザイン  右:ステンド用ピース

下絵作業は元絵の良さを

ステンドグラス作品として表す大切な過程。

下絵を何回も描きなおし、

決定前にまた髙野さんにその画像を送っていました。

絵が決定してから、

一片ごとに切ってピースにします。

 

3 ガラス選び

f:id:you3113:20201202083438j:plain

色合い、透け感など作品表現に直結します。

ピース1枚でもどのガラスをどう使うか

気を遣うところのようです。

 

どんなガラスを使うか、

髙野さんに直接見ていただいて、

説明と相談を重ねて決めました。

 

 

4 ガラス研磨後のピースはめ

f:id:you3113:20201202083720j:plain

 

17cm×23cmの四角の中に116個のピース。

小さいピースが多いようです。

 

5 テープ巻きf:id:you3113:20201127214447j:plain

 テープ巻き作業を見ていると、

いかにも職人さんみたいで、

私はこの作業にあこがれます。

巻き方一つで、

作品のできにも影響がありそうで…

ん~、やっぱり見ているだけがいいですね。

 

この後、ハンダ作業になります。

もっと職人さん風になります。

 

6 作品完成

f:id:you3113:20201128152921j:plain

 

作品が完成すると出窓に置いてみます。

ガラスが自然の光を背に生き生きするように見えます。

妻も私も出窓に置いて撮る写真が好きです。

 

7 ドアにはめて完成

f:id:you3113:20201201203300j:plain

 

最後に、

このような平安の世をステンドで表現する機会を

髙野さんにいただいたことに感謝しています。

 

私は

日本の人々が親しんできたモチーフで

もっとステンドを楽しむ機会が

暮らしの中で増えるといいなあと思います。

私は美術や美学についてはよく分かりませんが、

生活者としての暮らしの気分が変わるということを

私自身実感してきました。

同様にご依頼者の方にも、もしうまれるようでしたら…

妻の励みになると思って

妻のステンド作業を見てきました。

 (2020.12.9 記)

 

(注1)

f:id:you3113:20170909123242j:plain

髙野さんのご覧になられた北斎の「神奈川沖裏浪」の作品

紹介のブログ → No.201 北斎富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」 - 心に灯るあかり *あとりえ 悠* (hatenablog.jp)

No.276 妙高高原の「BONNE NEIGE (ボン ネイジュ)」その1 (取材訪問)

f:id:you3113:20201119062329j:plain
妻の「コッツウォルズの蜂蜜色の家」(2012年制作)を

ご覧になった方からのこんなご依頼でした。

 

 

35年前、

お父様が始めた妙高高原のペンション。

ときには40名のお客様をお泊めし、

家族みんなで切り盛りしてきました。

昨年お父様が亡くなられた後、

ペンションの営業をやめられました。

お父様、家族の思いのつまっているペンションを

ステンドグラスにして欲しい。

 

そんなご要望に、

 紅葉の便りが聞かれるようになった頃、

雪の降る前にとあわてて、

ペンションのある妙高高原に妻と向かいました。

高原をそよぐ空気の中で、

ペンションの佇む風景を直接目にしたい…

 

f:id:you3113:20201116010654j:plain

(ペンションのお客様だった佐藤明氏の描いた「BONNE  NEIGE」)
 

東京にお住まいのご依頼者から

今もペンションにお住まいのお母さまと妹さまに

ご連絡がなされていて、

私達は心あたたまる数々のおもてなしを受けました。

急な訪問にもかかわらず…

ただただ感謝です。 

 

f:id:you3113:20201122001444j:plain

ペンション近くの「いもり池」
 

妻と私が感じたのは

現地を訪ねることのできた感激よりも、

ペンションを守ってこられた方々の思い。

人の繋がり、人のあたたかさでした。

 

f:id:you3113:20201122001518j:plain

青い空とBONNE NEIGE 

 

妻はどんな「BONNE NEIGE」を

ステンドで表すのでしょうか。

来年5月の3回忌までに完成させるそうです。 

私はおもてなしくださったお二人を思い出しながら、

どんな作品ができるのかとても楽しみになりました。

(2020.11.25 記)